知っておこう♪ 日焼けしちゃった時のリカバリ法

知っておこう♪ 日焼けしちゃった時のリカバリ法

それ、軽いやけど状態です!
いくら対策をしていても、山や海などの紫外線が強い場所では、肌が真っ赤になるほど日焼けしてしまう可能性があります。そうした時のリカバリ方法をおさらいしておきましょう♪

もしも、肌が真っ赤になってしまった場合のケア方法は……。

① シャワーの冷たい水をかけて冷やし続ける
日焼けケアの基本です。ひりつきが治まるまで冷やしましょう。

② 氷水で冷やす
タオルを冷やした氷水につけて、軽く絞って当てましょう。広範囲であれば、フェイスタオルを腕や足に巻き付ける感じで。

ヒリヒリしていなくても、赤くほてっていたら軽いやけど状態。乾燥すると敏感になっている肌へのダメージが大きくなるので、しっかり保湿したあとにワセリンなどで保護してあげてください。保湿で注意したいのは……。

美白化粧品に配合されているビタミンCをはじめとした美白成分は、弱った肌への刺激になりやすいのです。直後の使用は控え、1~2日後に、肌のほてりがおさまってからの使用をおすすめします。

焦って美白用の化粧水を使いたくなる気持ちもわかりますが、まずは、赤い炎症を抑えるのが先です。化粧水を使う時は敏感肌用など肌にやさしいものを準備してください。

日焼け後の肌は毎日の食事でケア!
紫外線で発生した活性酸素の影響はビタミンC、ビタミンE、カロチン(ビタミンA)などの抗酸化作用のある栄養素がおすすめ

当日からできる美白ケアは食事! 夏のビタミンCとカロチンといえばトマトですね♪ たっぷり食べて栄養を補給しましょう。他にもビタミンCはご存知、レモンなど酸味のあるフルーツに含まれます。カロチンはカボチャやほうれん草などの緑黄色野菜に、ビタミンEはごまやアーモンドなどのナッツ類やアボカドなどに含まれることが知られています。

ただし、日焼けを通り越し、水ぶくれになってしまった重度の日焼けには、このようなケアでは対応しきれない。その場合は皮膚科で専門的な処置をしてもらうことが必要だ。

水ぶくれができてしまった場合はセルフケアでは対処しきれません。皮膚科へ行って、診察をしてもらいましょう。

日焼けしたくないから、夏は出かけない……なんてもったいない! 日焼けしすぎてしまった場合の対処法を知っておくことで、夏のレジャーも心置きなく楽しむことができますね!

(田中いつき+ノオト)

関連記事