ずっと口の中がクサいんです……「臭い玉」に要注意!

ずっと口の中がクサいんです……「臭い玉」に要注意!

「においだま」じゃなくて「くさいたま」
「歯磨きしても口がくさい……」「自分の口臭が気になって仕方がない……」

それって、もしかして「臭い玉」のせいかも!? 誰の口の中にでも潜んでいる可能性があるそうですよ……。
悩んでいる女子、意外と多いみたい……。

そんな「臭い玉」とは、喉の奥にできる「膿栓」のこと。鏡の前で口を大きく開けてみて! 扁桃腺のところに白っぽいかたまりが見えたら、それが臭い玉です。

扁桃腺の表面はお月さまのクレーターのようにでこぼこしたへこみ(扁桃腺窩といいます)があります。ここに細菌感染がおきたり、食物残渣がたまるとできる白っぽい物質を膿栓といいます。
特に重大な問題を起こすものではありませんが、口臭や違和感の原因になります。

とっても臭そう……。
臭い玉が口の中にあっても、案外気付かれないんじゃない? という方、要注意! 意外と周りは気付いているみたいですよ……。

基本的にはくしゃみや咳、うがいをすることで、自然にぽろっと取れてしまうようです。綿棒で除去している人もいるようですが、粘膜を傷つけるおそれがあるため、やり過ぎには要注意。うがいで取れないときには耳鼻咽喉科に相談するのが最善かも。

そんな臭い玉を予防する方法はあるのでしょうか?

予防には、歯磨きと歯石除去など徹底したプラークコントロールさらに、生活習慣を改善することも必要です。夜型をやめ、規則正しい生活をする。朝食を抜かない。良く 噛んで食事をする。和食にする。乳製品を控える。元気に活動し人と良くおしゃべりをする。など唾液の分泌を促進してあげることがよいでしょう。

また、口が渇かないようにガムを噛んだり、カフェインレスのお茶を飲んだりするのも効果的なんだとか。臭い玉の予防は、健康的な毎日を送ることにも繋がりそうです。

臭い玉のできやすさには個人差があり、「今まで全く見たことがない!」という人から、「取っても取ってもキリがない!」という人までさまざまです。

口臭の原因ともなる臭い玉。あなたのお口の中は、大丈夫ですか?

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事