本当に子ども向け!? 真夏に読みたい「怖い絵本」

本当に子ども向け!? 真夏に読みたい「怖い絵本」

シャンプーしてても目が閉じられない!
夏は、ひんやりとしたかき氷やアイスで涼を取るのも良いけれど、ゾクゾクするような怪談話も欠かせませんよね。そんな時には、「怖い絵本」を読んでみるのはいかがでしょう? 「子どもの読み物」というイメージが強い絵本ですが、その中には、大人も身の毛がよだつような、こわ~い名作がたくさんあるんですよ。

■「いるの いないの」(岩崎書店) 

作:京極夏彦 絵:町田尚子 編:東雅夫 画像提供/岩崎書店
作:京極夏彦 絵:町田尚子 編:東雅夫 画像提供/岩崎書店
「子どもたちに、もっと怖いお話を」をコンセプトに作られた岩崎書店「怪談えほん」シリーズの中でも、特に人気が高い作品。作者は、ミステリー小説家として名高い京極夏彦さんとイラストレーター・町田尚子さんです。ネット上でも「怖い」と定評があり、筆者も読んでいて不覚にもドキッとさせられました。
家の中の暗がりに、なんとなく感じる何かの気配。そこにいるのは……? 気になる人はぜひ手に取ってみて確かめてみてくださいね。

■「絵本地獄」(風濤社)

監修:宮次男 構成:白仁成昭・中村真男 装幀・レイアウト:貝原浩 画像提供/風濤社
監修:宮次男 構成:白仁成昭・中村真男 装幀・レイアウト:貝原浩 画像提供/風濤社
生前犯した罪によって、どんな地獄に落とされるのかを、子どもにもわかりやすく解説した絵本。大人に説教をするために作られたという、お寺に伝わる絵巻物から抜粋している挿絵は、子ども向けとは思えないグロテスクさ。地獄の様子も恐ろしいですが、ここまで至る人間の想像力も恐ろしい……。
ネットでもたくさんの反響が。こんな地獄絵図を見せられたら、そりゃ悪いことはできないでしょうね……。

■「大接近! 妖怪図鑑」(あかね書房) 

作:軽部武宏 画像提供/あかね書房
絵本作家・軽部武宏さんによる妖怪図鑑。妖怪たちは動き出しそうなほど生き生きと描かれています。横幅約80センチにもなる両開きのページは、まるで今にも飛び出してくるかのよう。図鑑というより、もはや美術品?
実際に本を手に取ってみるとかなりの迫力です……。夢に出てきそう〜!

■「なおみ」(福音館書店) 

作:谷川俊太郎 写真:沢渡朔 画像提供/福音館書店
作:谷川俊太郎 写真:沢渡朔 画像提供/福音館書店
日本人形の「なおみ」と主人公の「わたし」。異なる時間を生きる2人の少女が、ともに過ごしたひと時を、詩人・谷川俊太郎さんが紡ぎ、写真家・沢渡朔さんが表現した異色の絵本。おそらく、多くの人が子どもの頃に、ぬいぐるみや人形と「話した」ことがあると思います。彼らは、一体どこへ行ってしまったんでしょうね。悲しくも美しい物語でありながら、どこか「怖い」と感じてしまうのは、人の形や命を感じさせる瞳を持ちつつも、決して動くことのない「人形」への違和感からでしょうか。

小説や映画とは異なる世界観で、ゾクゾクッとさせてくれる「怖い絵本」。これでこの夏は暑さ知らず……?

(目良シンジ+ノオト)

関連記事