観葉植物を吊るすだけ! 「ハンギング・グリーン」でオシャレ度UP

観葉植物を吊るすだけ! 「ハンギング・グリーン」でオシャレ度UP

狭い部屋でもOK!
観葉植物などを吊るして飾る「ハンギング・グリーン」。マクラメ編みという、麻や木綿などの紐を手編みしたプラントハンガーで、鉢ごと吊り下げるインテリアです。

megさん(@meg.373)が投稿した写真 -

球状の葉っぱがかわいいグリーンネックレス。他にも、アイビーなどの茎が垂れ下がる種類の植物は、吊り下げると絵になります。

どうやって飾るの?

家では窓辺に吊り下げるのが簡単なので多いようですが、直射日光や風に弱い植物であれば、窓から離れた場所などに飾るなど、植物の性質に合わせて、吊り下げる場所を決めましょう。
軒先や窓辺に下げても素敵。
壁際に下げるのもオシャレですね。

ゆぅさん(@u0223)が投稿した写真 -

こんな風にたくさん飾ると迫力があります!

材料は100円ショップで手に入る!

鉢を吊り下げるためのマクラメ・ハンガー、実は簡単に作れるんです。

材料は100円ショップで手に入るものばかり。園芸コーナーなどにある紐やロープを用意します。余った部分は、編みあがった後に切り取ってしまえばいいので、用意する紐は長い方が良いです。また、マクラメを吊るすためのリングも欲しいですね。

使う道具は3つ。紐を切るためのハサミ、結び目を固めるためのボンド、そして、紐を編む時に使うS字フック。紐をS 字フックにかけ、引っ張りながら編むと、たわまずきれいに仕上がります。

作り方も簡単!

初心者向けはこちらの方法。なんと、編まずに結ぶだけ! 6ステップでマクラメ・ハンガーが完成します!
To DIY For - How to make a macramé pot holder
(出典 : YouTube/City of Sydney
動画で紹介している作り方を解説します。文章では伝わりにくい部分もあるので、動画を見ながら読んでくださいね。
1)紐を30cmほどの長さで2本切り取っておきます。残りの紐を4等分に切りそろえ、真ん中にリングに通します。

折り返して8本になった紐の根元部分、リングのすぐ下を、切り取っておいた30cmの紐でぐるぐる巻きにして固定。ぎゅっと強くしばったら、余った部分をはさみで切ります(この時、結んだ部分にボンドを塗っておくと、ほどけにくくなります)。

2)S字フックなどを使い、リングをどこかに引っかけて、紐を2本ずつ、4組にわけてそれぞれ同じ長さの位置に結び目を作ります。

3)結び目の下で、隣り合った紐をそれぞれの組から取り、また2本ずつ結んでいきます。結び目を4つ作ります。

4)同じ手順でまた結び目を4作ります。

5)最後の結び目の下で、8本すべての紐をまとめ、切り取っておいた短めの紐で、ぐるぐる巻きに固定します。1)と同様に、余った部分をはさみで切り、ボンドなどで固めてください。

6)紐の中に鉢を入れて、できあがり。動画のように飾りをつけても良いですね。

さらに、きちんと編みこんだマクラメ・ハンガーを作りたいなら、下の動画がオススメ。解説は英語ですが、聞き取れなくても大丈夫。ゆっくり編み方を見せてくれるので、わかりやすいです。
DIY Macrame Planter - Threadbanger
(出典 : YouTube/ThreadBanger
簡単に作ることができて、お部屋をオシャレに演出できるマクラメ・ハンガー。みなさんもハンギング・グリーンを楽しんでみてくださいね!

(大熊マナミ+ノオト)

関連記事