Twitterで謝罪続出!? 食虫植物「ハエトリ草」は○○すると死ぬらしい

Twitterで謝罪続出!? 食虫植物「ハエトリ草」は○○すると死ぬらしい

命がけで生きていたとは…ゴメン
手間がかからずインテリアにもなることから、多肉植物や食虫植物が密かなブームを迎えています。中でも触ると葉が開閉する食虫植物「ハエトリ草」は人気植物の一つ。大きな口と鋭い歯を連想させる双葉が、ハエをパクっと食べる姿は圧倒されますよね。その動きが見たくて触ってしまう人も多いのではないでしょうか?

実はこのハエトリ草、葉を3回ほど閉じると枯れてしまい、場合によっては株ごと死んでしまうという短命な植物だったのです! それを知らずに何度も触ってしまった人たちの嘆きと謝罪のツイートが今、続々と投稿されています。

弔いツイートが後を絶たない……

ハエトリ草にとって開閉運動は命がけの食事。葉の内側にある感覚毛というセンサーに2度触れると、確実に獲物がいると思い、瞬間的に葉を閉じます。しかし、これは相当エネルギーを消耗する動作。リアクションが面白くてつい触ってしまいがちですが、これからはそっと見守っておきましょう。

どうしても触りたくなったら……

ハエトリ草の捕食する瞬間を収めた動画で我慢!
ハエトリグサが捕食する瞬間
(出典 : YouTube/勇霊
空振りは命にかかわるので、結構慎重なようです。また、最終手段として下記の方法も。

どうしても葉が閉じる運動を観たいときは、虫だけでなくチーズ片や、ゆで卵のかけらなどを与えて、その労力に報いてあげるといいでしょう。

触らないに越したことはありませんが、その衝動を抑えられなかったら、上記の手を使ってみましょう。とはいえ、エサのやり過ぎも厳禁。もともと虫を食べなくても育つ植物なので、無理にエサを与えると虫と一緒に腐って枯れることもあるそうです。とても繊細な植物なのですね。

オジギソウも触ってはダメ!

触りすぎるとストレスで株が弱りますので、触り過ぎないようにしましょう。羽状複葉は明暗、振動、接触、お水やりなどで変化を起こします。

触るとお辞儀するようにしなだれるオジギソウも、ハエトリ草ほど繊細ではないものの、むやみに触るのは控えたほうが良さそうです。

これからは触るのをグッとこらえて、末永く大切に育てていきましょう。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事