夏バテさんに捧ぐ! おなかにやさしい「胃弱メシ」

夏バテさんに捧ぐ! おなかにやさしい「胃弱メシ」

ネバネバに助けてもらおう!
全国で暑い日が続いていますね。こう暑いと何だか食欲もわかないし、何だか胃の調子も良くない……なんてことも。

どうして暑いと胃の調子が悪くなるんでしょうか?

湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、体温調節が難しく、熱が体内にこもって疲れやすくなります。また、食生活の面では、暑さによって「暑い→だるい→食欲がない→飲料水の取りすぎ→消化力の低下→食欲不振」という悪循環がおこります。

なるほど〜! そういうことでしたか。そんな時に食べると良いものはというと?

食欲がなくても1日3食、胃に負担がかからない消化のよい良質のたんぱく質(卵、肉、魚、牛乳など)ビタミン(野菜や果物など)、ミネラル(牛乳や海草など)をバランスよく、少しずつでもいろいろな種類の食品を摂りましょう。

胃にやさしいというとお粥や素うどんのイメージでしたが、意外にタンパク質やビタミン、ミネラルが必要なのですね。医食同源と言いますから、食べることで胃の調子を治していく意識が必要なのかもしれません。
卵、油麩や鶏胸肉は脂質の少ないたんぱく質として優秀な食材ですね。

そして、ビタミン、ミネラルを採るための野菜。夏にオススメなのはネバネバするもの!

夏バテに効く食べ物として、ネバネバ食品、つまりネバネバと糸を引く食べ物をお勧めいたします。(中略)
このネバネバ成分の正体をご存知でしょうか。その名は【ムチン】といい、多糖類(水溶性食物繊維)とタンパク質の複合体からなる粘性物質です。(ムコ多糖体の一種)
(中略)
ムチンの働きとして代表的なものとして、
1.胃の粘膜を保護する
2.タンパク質の消化・吸収を高める
3.抗ウイルス作用をもつ
といった活躍をしてくれる

ムチン、大活躍! あのネバネバがこんな働きをする成分だったとは、驚きです。では、みんなが食べているネバネバご飯を覗いてみましょう。
トロロ、オクラ、ナメコ。ネバネバのトリプルパワー!
夏が旬のモロヘイヤもムチンパワー全開の野菜。
納豆のネバネバももちろんムチン。パスタも和風にするとオイル使用量が少なくなって、胃にやさしいですよ。
外食でもネバネバの組み合わせ! お腹いっぱい食べると胃に負担が大きくなりますから、腹八分目を目指すのが胃弱さんの鉄則。

また、冷たい飲み物も胃への負担となります。

暑く火照った体を覚ますために冷たい飲み物を取ると爽快感を感じて気分はリフレッシュしますが、冷たい飲み物は胃腸を冷やして機能を低下させてしまいます。

胃の調子が悪い時は、常温以上の温度の飲み物を飲むようにした方が良さそう。

おいしそうな料理の写真を見て、少しは食欲がわきましたか? 食べなさ過ぎも良くないですが、食べ過ぎにも注意して、酷暑を乗り切りましょう!


(田中いつき+ノオト)

関連記事