その格好、実は引かれてるかも? やり過ぎ日焼け対策にご注意!

その格好、実は引かれてるかも? やり過ぎ日焼け対策にご注意!

デートしたくないって思われちゃうかも!
夏でも色白美人を目指すために、日々美白をがんばっているみなさん。女子にとっては当たり前の日焼け対策ですが、あまり男子から良い評価でないというウワサが! いったいどういうことなのか、調べてみました。

女子の日焼け対策について、男子の声はというと。

・「日傘に長い手袋だと、一緒に歩きたくない」(32歳/小売店/事務系専門職)
(中略)
・「ツバがすごく大きい帽子に大きい日傘を見たときは芸能人じゃないんだからやり過ぎでしょと思った」(27歳/情報・IT/技術職)
・「遊園地や観光地での日傘。来るなと言いたい」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

うう、耳が痛い! 「一緒に歩きたくない」とか「来るな」とか、そういうレベルなんですね(涙)。

でも、色白美人の方がモテてるじゃん! そのへんはどうなのよ? というあなた。

日焼けをしている女性に肯定的な男性のなかで、一番多いのはやっぱり『色っぽく見えるから!』という意見でした。確かに浅黒い肌だと、露出が多い夏服でも体のラインが締まってスタイルがキレイに見えますよね。また、日焼けした肌には赤・黄色などカラフルで鮮やかな色が似合うので、その姿に心奪われる男性もたくさんいます

「日焼けをしていた方がセクシーに見える」という意見も。確かに、日焼け対策のために隠していた肌。こちらも気にすることなく、大胆に露出したファッションに挑戦できますから、男子の目を引くのかもしれませんね。

「完全防備の子を、海とか川に誘えないから。レジャー系、全部無理でしょ。一緒にいても楽しくなさそう、面倒くさそう。不健康で魅力ナシ。
(中略)
「日焼けを気にされると、昼、外に誘いにくくなってしまうので嫌です。『FES行こうよ』なんてとても誘えないし、行ったら行ったで完全防備で来られたら、浮いちゃうし、一緒にいて恥ずかしいし。」

日焼けを気にしすぎる女子はデートに誘いたくなくなるという意見もたくさん! これはちょっと普段の日焼け対策を考え直した方が良いのかもしれませんね。日焼け止めに全てを託して、日傘やアームカバーは諦めたほうが良いのかも。

ところで「美白」という考え方はアジア限定だそう。

世界基準で美を争うには、美白肌ではなくこんがり肌が求められます。ミスユニバースのみなさんも、健康的でセクシーに見せるために肌を焼くのだとか。
アジア人以外の人の心をつかみたいのであれば、こんがり肌を目指した方がよいのかもしれませんね。

確かに海外セレブを見ても、真っ白な肌は少ないかも! 欧米では小麦肌は健康的でセクシーという認識なのです。バカンスで海に肌を焼きに行く、なんていう海外ドラマもありますもんね。日焼け肌こそステイタス! という感じもあるのかもしれません。

あれこれしたくなる気持ちもよーくわかりますが、やり過ぎて周りが引いていては元も子もありません。多少焼けても「この夏も元気にがんばった証拠」くらいに思って、夏を楽しみましょう!

(田中いつき+ノオト)

関連記事