カリスマクリエイター☆☆☆ 「キューちゃん」に似顔絵を描いてもらった!

カリスマクリエイター☆☆☆ 「キューちゃん」に似顔絵を描いてもらった!

カラフルなキューちゃんワールドへ!
クルッと巻かれたチャーミングな前髪に、顔がいくつもプリントされた色とりどりのシャツ。このインパクト大な謎の人物は一体……?
この方は、日本の大手化粧品メーカー「資生堂」のアートディレクターを務めながら、個人でも精力的にアート活動を行う「キューちゃん」こと成田久(ひさし)さん。蛯原友里さんの健康的な水着姿が印象的な「アネッサ」のCM(2006年)やNHK大河ドラマ「八重の桜」のポスターデザイン、最近では福山雅治さんが出演している資生堂「TSUBAKI」のCMなどを手がけたカリスマクリエイターです!

そんなキューちゃんが、イベントで自ら一般のお客さんの似顔絵を描いているという情報をキャッチ。というわけで早速、東京・御徒町にある仕事場兼SHOP 「キュキュキュカンパニー」に潜入! キューちゃんの活動や魅力の秘密に迫ってきました。

■キラキラした「シンデレラ」を作りたい

――そもそも、キューちゃんがアートの道を志したきっかけは何ですか?

「小さいころに、お絵かき教室に通ってたのが大きい! あと、親が美術好きで、一緒に美術館に行っていたのもきっかけ。絵をほめられた経験を通して、アートが自然と自分のアイデンティティになっていったって感じ」

――なるほど。資生堂への入社は、どんな経緯で?

「本当はアーティスト一筋でやっていこうと思ったんだけど、東京藝術大学大学院に通っている時、偶然資生堂の募集がきたの。広告からパッケージ、ディスプレイまでなんでもできるところに惹かれて。そして何よりキラキラした『シンデレラ』を作りたかった! それまで自分がやってきた活動は辞めずに、仕事での体験を自分の中にプラスさせたいって思ったんだよね。実際、会社では上司が自分の活動を応援してくれたり、想像以上にチャンスをくれたりして。今は、スタイリングとかメイクとか含めて『女子はこうした方がお好きですよ』って総合的な企画を提案することが多いかな」

■似顔絵っていうより「雰囲気」を描いている感じ

――どうして似顔絵を始めようと思ったんですか?

「最初はボク、似顔絵を描く気はなかったの。きっかけは、2年くらい前の台湾での展覧会。ひょんなことから、来てくれた人の似顔絵を描くことになったんだけど、その時描いてあげたフォトグラファーの男の子が、似顔絵をすぐに自分のFacebookアイコンにしてくれたんだよね。『こういう使い方あるのか!』って、すごく新鮮で。そこから、別の展覧会や、キュキュキュカンパニーに来てくれた人を描いているうちに、企画があとからついてきたって感じ」

――それが仕事とは別の方向で、どんどん広がりを見せているのが面白いですね。

「そうそう! もともとコミュニケーションツールとして始めたことが、今こんなに大きくなっちゃった! 人のために頑張ることが好きだからね。友だちの結婚式に贈りたいって人とか、赤ちゃんの似顔絵を描いて欲しいってメールが来た時には、写真でも描いてあげるの」
――写真にも対応していらっしゃるのですね。確かに面と向かっての場合、人数が多いと時間もかかりそう。

「喜んでもらうことが目的だから、手は抜けないよね。むしろ一緒に描いて欲しいものとか、お洋服とか、要望には極力応えられるように頑張る! 自分じゃ思いつかないものを描くことも多くて、面白いんだ。相手の気持ちや、会話の中で感じたこと、今の季節なんかも取り入れることも。似顔絵っていうより『雰囲気』を描いてる感じかも!」

■みんながわからないことは好きじゃない

――雑誌「装苑」で連載を持たれるくらい舞台好きと聞きました! 舞台から作品作りのヒントを得ることも?

「もちろん! 演出方法や衣装に影響を受ける。あとは、気になる役者さん、演出家さんがいたら、すぐになんとかアプローチを取ろうとする。そうやっていくと、実際の仕事に繋がることも多いんですよ」

――ズバリ、スターになりそうな人を見つけるコツってあるんですか?

「うーん、コツというか、みんなが好きそうな人を探すのが好き。基本的にミーハーだから、デザインも人もみんながわからないことって好きじゃないかも。一方で、マニアックなものが好きな自分もいたりするんだけどね」
――総合的なプロデュースから、スターの発掘まで。なんだか、キューちゃんにできないことはないんじゃないかって感じちゃいます。

「そんなことない! ただ、今までの仕事とは全然違うことをお願いされても、『できない』と思わないで楽しんでやるようにする。やったことないからってビビってる場合じゃないから、やっちゃおうっ!って感じ(笑)」

――今後の目標や夢はありますか?

「やっぱり、キュキュキュカンパニーに、もっと色々な人に遊びに来てほしい。あとは、海外でももっと活動してみたい!」
こちらは、取材に同行したALICEYの阿部ディレクターの似顔絵。カラフルでとってもカワイイ! 梅雨なので右手にはアジサイ、足元にはカエルの姿が。
こうして並んでみると、雰囲気を見事に掴んでいることがわかりますね。ちなみに、阿部ディレクターが着ているTシャツも、キューちゃんの作品♪
7月11日(土)~12日(日)には、「夏フェス in 福島 FOR 座 REST 2015」で「出張★Q画伯の似顔絵師♥」を開催するキューちゃん。初の福島出張だそうですよ。

とってもキュートな人柄でありながら、アートに対する熱い情熱にあふれたキューちゃん。常に新しい「美」と「カワイイ」を生み出し続ける、その活動から、今後も目が離せませんっ!
<イベント情報>
夏フェス in 福島 FOR 座 REST 2015
Q画伯の似顔絵師♥–Part13-
福島県福島市上名倉字大石前地内「福島市民家園」
日時:7月11日(土)、12日(日)
価格:1名4,000円
予約・問い合わせ先 qqqcompany@me.com

(目良シンジ+ノオト)

関連記事