な、長すぎる! 猫のトロちゃんがモッフモフでかわいい♪

な、長すぎる! 猫のトロちゃんがモッフモフでかわいい♪

遠近感がおかしくなる……
今、Twitter上でトロちゃんというネコが話題になっています。その理由は一目瞭然。
え、何コレ!? 遠近法? えーっと、とにかく長いんだけど!
実はこちら、メインクーンという猫の中でもかなり大型になる品種だそうで、ギネス記録があるのもこの品種だとか。

イエネコの中でも大きな品種のひとつであり「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られている。

彼は2つのギネス世界記録の認定を受けています。ひとつ目は、「最も長い尻尾を持つ猫(Longest tail on a domestic cat)」、そしてもうひとつが、「最も長い猫(Longest cat)」としてのギネス世界記録です。
全長は、伸びをさせたときになんと48.5インチ(123センチメートル)を記録しています。
ストゥーウィーちゃんの猫種は、穏やかかつ大きな猫として知られているメインクーン種。

1mを越える猫。もはやトラやチーターに近いような気がします(笑)。でも、メインクーンの性格は穏やかで遊び好き♪ モフモフの毛並みと相まって、フレンドリーな大型犬のようなイメージですね。
今回はトロちゃんの飼い主、やしゅうさんにいろいろと伺ってみました!
――トロちゃんの大きさを教えてください。

「全長が110cmで、体重は7.04kgです」
手も大きい!
足も大きい!
長さの割に軽い秘密はここ! 毛がモッフモフで体が大きく見えていますが、実はスリムなんですね。
――トロちゃんが日課にしていることはありますか?

「毎日のお出迎えです。あと、日課ではありませんが、お客さんが来たら遊んでくれます」
子どもたちにもやさしいトロちゃんなのでした。
――大きい猫と暮らす楽しみを教えてください。

「ペットの猫を飼っているというより、『大型の動物』を飼っているって感じでしょうか? また、写真などを見てトロちゃんが大きいことを事前に知っている人でも、家に来ると予想以上の大きさにびっくりします。そのリアクションが楽しいです」
トロちゃんの大きいがゆえのびっくりエピソードはこんな感じだそうです。
それから、こんな動画も……
普通にドアを開ける猫
ジャンプしてドアを開けちゃうネコの映像をテレビで見たことはありますが、普通に立って開けるって!
実はやしゅうさんのおうちでは、もう1匹、ツナちゃんというネコがいます。ツナちゃんはソマリという品種のネコで、トロちゃんより一回り小さいですが、それでもなかなかの大きさ。
トロちゃんツナちゃんが4月にお生まれになったお子さんの両脇に並ぶと、まるで守護神のよう(笑)。これからも、家族で仲良しな様子を届けて欲しいですね♪
(田中いつき+ノオト)

関連記事