あのキャラクターも大喜び? アンが青い「ラムネ味どら焼き」が登場

あのキャラクターも大喜び? アンが青い「ラムネ味どら焼き」が登場

大阪市民がうらやましいぃ!
あま~いスイーツも捨てがたいけれど、爽やかな後味のものが食べたくなるこの季節。そんな両方の欲望を叶えてくれる、ちょっと変わったどら焼きが、近頃インターネット上で話題となっています。なんでも餡が、どら焼き好きのあのキャラクターのように青いんだとか……。
一風変わったこちらは「爽快ラムネあんどら焼き」(216円・税込)。開発したのは、大阪で餡とどら焼きを作り続けて75年の「茜丸」。独創的なアイデアから創り出される、季節感に富んだ餡の種類は、現在52種類以上にも及ぶそうです!  

広報担当の北條竜太郎さんのお話によると、注目を集めている「ラムネあん」開発のきっかけは、暑い時期のあんこの売上低下。たい焼きなどの餡系スイーツは、夏場になると寒い時期に比べて売上が3分の1ほどに落ちてしまうそうです。そんな暑い時期にも餡を楽しんでもらうにはどうしたら良いかを試行錯誤した結果、たどり着いたのが「ラムネ味」だったそうな。

青い餡は、クエン酸を使ってラムネの味をしっかり再現! 見ても食べても楽しめちゃいます♪

こんなユニークな商品開発を行う茜丸。PVでも遊び心あふれる、独特な世界観を作り出しています。
【ちょっと閲覧注意】砂浜ヤバイ 【Viewer warning】spawning?
(出典 : YouTube/茜太郎
茜丸では現在も新たな餡を開発中。今回は特別に、最新の3つの餡を一足先にご紹介! 
「メロンソーダあん」
「メロンソーダあん」
「ももあん」
「ももあん」
「瀬戸内はちみつレモンあん」
「瀬戸内はちみつレモンあん」
どの味も爽やかでおいしそう~! 特に、ラムネに続く炭酸飲料の「メロンソーダ」は気になるところ。

残念ながら、今回紹介した「爽快ラムネあんどら焼き」は、今のところ茜丸本店での期間限定販売のみ。でも、餡だけならオンラインショッピングから購入できるので、気になった人はチェックしてみてね!

(目良シンジ+ノオト)

画像提供/茜丸

関連記事