ジャー活用! 初夏のフルーツ酒を作ってみよう♪

ジャー活用! 初夏のフルーツ酒を作ってみよう♪

夏が楽しみ!
「カワイイ! 」と買ったトレンドのジャー。そのジャーをジャーサラダやドリンクグラス以外に活用するために、フルーツ酒を作ってみてはいかがでしょうか? ホワイトリカーに初夏のフルーツを漬け込むと、ほんのり香るお酒が簡単にできるんですよ♪
ブルーベリーにキウイ、バニラ! どんな味なのか気になりますね。漬けている間に、ロックにソーダ、どうやって飲むのか考えるのも楽しい♪
香りの良いアンズも♪ 旬の時期は6月下旬〜7月上旬ごろと短いですが、スーパーにも並ぶこともあるので見つけたらゲットしてみて。
そして、アンズは漬けた実もジャムにして楽しめます。お酒とジャム、どっちがメインかわからなくなりそう(笑)。
そして、定番の梅酒。ホワイトリカーと氷砂糖、梅の割合を色々変えて、自分好みのレシピを探求するのも良いかも♪
梅酒の作り方はこちら!
特製梅酒の作り方―HOME MADE UMESHU | ちょっと素敵な週末の作り方【WEEKEND TIPS】
材料の量はジャーのサイズに合わせて、調整してくださいね。梅酒造りがピークの今の時期なら、少量入りのホワイトリカーも手に入りやすいですよ♪
筆者も梅酒を作ってみました!
材料は梅、氷砂糖、ホワイトリカー。道具としてはジャー、スケール、梅を拭く用の布巾かキッチンペーパー、それから爪楊枝か竹串も必要です。ジャーは熱湯で消毒しておきます。非耐熱のジャーの場合は、ホワイトリカーで湿らせたキッチンペーパーで、ジャーと蓋の内側を拭いておきましょう。
梅は洗ってよく拭き、「ヘタ」を取ります。梅の中心の黒いところがヘタです。爪楊枝や竹串で周りからすくうようにすると、ポロッと取れます。なるべく梅の実を傷つけないようにすると良いって、筆者のおばあちゃんが言ってました。
ヘタが取れたら、梅と氷砂糖をジャーに交互に入れていきます。
詰め終わったら、ホワイトリカーを梅が浸るまで入れます。
蓋をしたら完成♪ 
あまりに簡単にできたので、調子に乗って、ブルーベリー、夏みかん、キウイフルーツも漬けてみました! レシピは梅酒同様にフルーツとホワイトリカー、氷砂糖です。ラベルも作ってペタリ♪ 見ているだけでウキウキしてくるジャーになりました!
飲めるようになるまでの期間はフルーツによって違いますが、最低1カ月以上はかかります。好みのフルーツを漬けて、毎日愛でて、おいしくなる日を楽しみに待ちましょう♪
(田中いつき+ノオト)

関連記事