日本に潜む…ジェントルマンの皮をかぶった外国人男性にご注意!

日本に潜む…ジェントルマンの皮をかぶった外国人男性にご注意!

【世界婚活こぼれ話vol.12】
ここ数年、東京に戻る度に「外国人男性とデートしている日本人女性」を見かける確率が確実に増えた気がします。

コミュニケーションを取るのが苦手な身近な日本人男性より、ジェントルマン作法に慣れている外国人男性をつかまえるのは、交際のさらなる可能性を広げるポジティブな行為です。

とはいえ、東京の街で見かける国際カップルを見て思うのは、ジェントルマンな外国人だったら「とりあえず誰でも良い」感じがしてなりません。その理由は外国人彼氏らの「彼らの自国ではモテない」オーラが半端ないからです(おせっかいな発言ですみません!)。

日本にいると、外国人と言えばテレビで見る映画俳優やミュージシャンくらい。普段身の回りで生の外国人男性を見たり、接したりしない一般女性は外国人慣れしていません。そのため、「彫りが深くてかっこいい」外見や「日本人男性にもされたことのないレディーファースト」につい好感を抱いて、簡単に好きになってしまう気持ちはわかります。
ちなみに、外国人にとって日本はとても住みにくい場所です。例えば夏は地獄のように蒸し暑いし、慣れない食べ物もあるし、英語が通じないし……。それなのに、日本に長く住み続けている外国人男性がたまにいます。それは「日本人女性からモテまくって日本を出られなくなった」という快感を知ってしまった人である可能性が否めません。もしくは、相当な「日本オタク」か「変わり者」です。

こう断言できるのは、私自身が日本では全くもってモテなかったけれど、「海外に出たらモテて楽しい」快感を覚えて、日本に戻って来られなくなってきた人間だからです。彼らの気持ちもわかりますし、自分がもう純粋な日本人ではない変わり者であることも自覚しています。

ともかく、日本で出会った外国人男性というのは特殊であることを忘れてはなりません。彼らは世界中にいる男の一例でしかなく、彼らが外国人の代表ではないということです。もちろんそうでない外国人男性もいますが、そういう人は仕事でたまたま日本に来ているなどの少数派です。

私は「フランス人女性には全然モテないけれど、日本人女性にモテまくる」パリジャンを知っています。それに味をしめて彼はついに日本へ移住しました。彼はパリにいた時から日本人女性ばかりに手を出し、何人もの日本人女性と同時に交際。もちろん女性たちは数股かけられているのを知りもしないで、「結婚してビザを取得して、彼と一緒に幸せなパリ生活を送れるわ〜」と甘い夢を見ていたようです。

日本人女性にモテるあまり、こうした不義理な外国人男性もいることをお忘れなきよう!
関連キーワード

関連記事