ダイエットも!? 位置ゲーム「Ingress」は女子がハマる要素がたくさん!

ダイエットも!? 位置ゲーム「Ingress」は女子がハマる要素がたくさん!

遊んで痩せるなんて最高かっ!
日中はポカポカと暖かく、お休みの日は絶好のお散歩日和。そんなこの時期のお出かけがもっと面白くなるゲームがあるのをご存知でしょうか?

■Ingress

Ingressは、携帯電話のGPSを活用した位置ゲーム。いわゆる子どものころに遊んだ“陣取りゲーム”のようなアプリです。

ゲームは、謎のエネルギー「エキゾチックマター」(XM)を巡り、世界中のプレイヤーが「レジスタンス」(青)と「エンライテンド」(緑)の2陣営に別れて、地図上の「ポータル」と呼ばれる拠点を取り合い、「コントロールフィールド」(CF)と呼ばれる陣地を広げていくというものです。

ポータルは現実世界にある歴史的なオブジェや、文化的な建物、目印などに設置されている場合がほとんど。自宅の周辺や通勤経路をはじめ、「え? こんなところにまで?」と思うような場所にまでポータルが置かれているので、このポータル探しのために街を歩くだけでも十分にゲームが楽しめます。

INGRESSはGoogleがリリースしたバーチャルリアリティゲームのアプリで、プレーするにはスマートフォンの画面を操作するだけでなく現実世界を歩かないといけない。ゲームにハマるあまり歩き回ってしまい、その結果、ダイエットを成功させる人が続出しているという。

確かに、Ingressをプレイしながら歩き回れば少しの運動にはなりそうですが、なんとダイエットにもなるとは驚き! ネット上には「Ingressで痩せた!」という人の声が続々寄せられています。
ちなみに、筆者は青色の陣営でプレイしていますが、Ingressを始めてから土日も積極的に外出するようになり、運動不足が解消された……気がします!

地方の自治体の中にはこのIngressを活用した町おこしを実施しているところもあるのだそう。

神奈川県横須賀市は12月18日、Googleのスマートフォン向け位置情報ゲーム「Ingress」を活用した集客促進事業をスタートすると発表した。国内自治体として初めて、Ingress特設ページを開設したほか、Ingressユーザー(エージェント)向けに、無人島「猿島」行きフェリーの料金を期間限定で半額にする「Ingress割」を提供する。

こんな素敵なサービスがあるのなら、行ってみたことのない場所にもぜひプレイがてら出かけてみたいですよね!

単純にゲームを楽しむも良し、ダイエットのために始めてみるも良し。お出かけが楽しくなるこれからのシーズン、Ingress片手に街に出かけてみてはいかがでしょう?

(みさくらけいこっ+ノオト)

関連記事