あのテトリスがライトで登場! 頭が良くなる? インテリなインテリア! 

あのテトリスがライトで登場! 頭が良くなる? インテリなインテリア! 

一列揃えても消えません
誰もが一度は見たことがあるであろうブロックゲーム「テトリス」。落ちてくる数種類のブロックを並べていき、ひたすら列を作っては消していくというシンプルなゲームですが、やり始めるとなかなかやめることができない中毒性の高いゲームですよね……。近頃、ネットでは、そんなテトリスのあるグッズが話題を呼んでいます。
なんとテトリス型のライト! 実際のテトリスのように自由に組み替えることができます。積み重ねると輝き、離すと消えるという不思議な仕組みになっているんです。
Tetris Stackable LED Desk Lamp from ThinkGeek
(出典 : YouTube/ThinkGeek
ブロック1つ辺りの大きさは、おおよそ手の平大。横に広げてみたり、縦に積み重ねてみたりしながら、自分好みのライトの作れるのは楽しそうですよね!

■ちなみにテトリスの始まりっていつなの?

今では世界的に親しまれているテトリスですが、一番初めに登場したのは1984年。旧ソ連の科学者アレクセイ・パジトノフさんを中心とした研究者により、教育用のソフトとして開発されました。

日本では1988年にセガ・エンタープライゼス(現セガ)より発売されたアーケードゲームで一気に浸透したそうです。一般的なテトリスのテーマとして知られているBGMは「コロブチカ」というロシアの民謡。フォークダンスでもおなじみですよね!

昨年、発売から30周年を迎えたテトリス。実は、まさかの実写映画化が決定しているそうです。落ちてくるブロックに人々が翻弄されるようなパニック映画かと思いきや……?

「これは非常にスケールの大きい壮大なSF映画だ。ブロックが列になって画面を走り回るような話ではない。図形に足を付けるようなこともしない。映画『テトリス』で目にするのは、銀河系間に重要な意味をもつ何ものかの、まさに氷山の一角になるだろう」。

い、一体どんな映画になるんだ……。

そんな根強い人気のテトリス。今回ご紹介したテトリスライトは一部のネットショップなどで、購入できるようなので、気になる人はぜひチェックしてみてね!

(目良シンジ+ノオト)

関連記事