ハイヒールから生まれたネイル? ネットや海外で話題の「ルブタンネイル」

ハイヒールから生まれたネイル? ネットや海外で話題の「ルブタンネイル」

見えない場所こそ、美しく
指先から始めるおしゃれ、ネイルアート。近ごろはネイルサロンの数も増え、ネイルチップにもかわいいデザインがたくさん登場しているので、職種などに関係なく、多くの人がネイルアートを楽しんでいます。そんなネイルアートの中でも、近年注目のデザインがあるのをご存知でしょうか。
その名も「ルブタンネイル」。真紅に塗られた「レッド・ソール」が特徴の、フランス生まれのシューズブランド、クリスチャン・ルブタン。そんなルブタンが2014年の夏ごろから提供しているネイルポリッシュ「ルージュルブタン」で、ネイルの表面と裏面を異なる色で塗る「ルブタンネイル」と呼ばれるネイルアートが、海外セレブなどを中心に話題となりました。現在では、表裏を異なる色で塗ったネイルのデザイン全般が、広くルブタンネイルと呼ばれ、たくさんの人に楽しまれているようです。

Source @necklaceofpearl

Lifestyle Louboutinさん(@lifestylelouboutin)が投稿した写真 -

こちらのポリッシュ、一見するとシューズにインスピレーションを受けて誕生したように見えますが、じつはその逆なんだとか。

デザイナーのクリスチャン・ルブタンは、ネイルの発売について「ルブタンのレッド・ソールは、深紅のネイルカラーからヒントを得て誕生した。ここにきてネイルポリッシュを作ることは、原点回帰の意味が含まれている」と語っている。

こちらの動画では、そんなルブタンネイルの方法を分かりやすく解説しています。
The Louboutin Manicure
ネイルの表と裏を別々の色で塗るだけだから、アレンジも自分好みに自由自在!
ネイルをするのが一層楽しくなりそうですね。

いかがでしたか? おしゃれな人ほど、見えないところにも気を配るもの。一歩進んだオトナのネイルで、いつもとは一味違う自分を指先から演出してみよう♪


(目良シンジ+ノオト)

関連記事