リビングにダンスポール⁉ 女子力の上がるとウワサの「婚活マンション」に潜入調査!

リビングにダンスポール⁉ 女子力の上がるとウワサの「婚活マンション」に潜入調査!

いい女はまずポールダンス
今、ネットやテレビで話題の女子力を上げる「婚活マンション」。リビングにダンス用ポールやバスタブがあるなど、もう話を聞くだけで気になって仕方ありません……。
こんな面白そうな物件があるならば、この目で確かめなきゃ! というわけで、実際に「婚活マンション」に潜入してきました! 

場所は東京都板橋区。閑静な住宅街の中にひっそりと佇む、一見普通のマンションです。その一室の扉を開けると……。
ほ、本当にダンスポールがありました……。
横にはウワサのバスタブも。

部屋の広さは約30平米。1LDKでリビングは南向き、寝室は北向きに作られており、風通しがよく日当たりもバツグン!
迎えてくれたのは、「婚活マンション」のプロデュースを務めるプロパティデザインオフィス代表の菊池林太郎さん。

菊池さん、「婚活マンション」を作った経緯を教えてください!

「きっかけは、それまで結婚できなかった女友だちが、私のプロデュースした部屋に引っ越して間もなくゴールインしたことです。そこから『結婚』と『住宅』の関係に注目するようになりました」

どんな部屋ならば女子力が上がるのか、試行錯誤するうちに菊地さんは7つの条件を見出したそうです。それがコチラ!
1)日当たりが良い
2)風通しが良い
3)キッチンが広い
4)お風呂が広い
5)自然素材を使用
6)友人や恋人を呼べる
7)近隣とのコミュニケーションがある
もはや女子力というか、総合的な人間力が上がりそうな感じですね♪

壁には桂藻土、床材などには無垢の木材など、湿気に強い素材を使用しているため、リビングにバスタブがあってもカビの発生を心配することはほとんどないのだとか。
間取りの設計は、女性の性やライフスタイルに詳しいラブライフアドバイザーのOLIVIAさんとコラボ。防音設備を整えたり、美しい肉体を作るためのダンスポールを設置したりと、実際にOLIVIAさんに住んでもらいながら、女性が性を思いっきり楽しめる空間作りを目指したそうです。
こちらは寝室。北東の角部屋で、朝の陽射しで目覚めることができます。
リビングのバスタブとは別に、シャワールームも完備。恋人とイチャイチャしながら入れる広々サイズにしたそう。そして、部屋に遊びに来た男性が居心地悪くないよう、ピンクやハートではなく、あえて無機質な空間に。
お手洗いはこんな感じ。
バスルームのドアを閉めると本棚が登場。
三点コンロと広いシンク。これなら、彼も料理したくなっちゃうかも!
リビングにあるバスタブからの眺め。夜になると星空を眺めながら入浴もできちゃいます。

「いい部屋を提供することは、未来への投資だと考えています。この部屋は、今は1,230万円で売りに出されていますが、例えば35年ローンで考えてみると実質月々4万ちょっとで所有することが出来ます。もちろん購入後はずっと住んでもいいし、人に貸してもOK。結婚適齢期の20代~30代女性に住んでもらって、愛を育んでいただくことで、この先の社会が明るくなっていけばと思います」

女子力の上がる「婚活マンション」は、女性と日本の未来を想う菊池さんの優しさが詰まった部屋でした。

(目良シンジ+ノオト)

関連記事