破局から学びを得る! 失恋して変われたこと

破局から学びを得る! 失恋して変われたこと

失恋は悪いことばかりじゃない!
失恋は心に深手を負うばかりか、自信までをも奪い去ってしまう強烈な体験ですよね。

でも、そのツラさを乗り越えたら、いい意味で変われることだってあるのです。いつだって失恋の痛手の先には、一皮むけた自分が待っていますから。今回は失恋から学んだこと、変われたことをご紹介します。

■ショックなできごとが“意識変容”革命を起こす!

専門用語で、『意識変容』という言葉があります。心が変わること、入れ替わることの意味ですが、この『意識変容』というのは、なかなか起こりません。
(中略)
しかし、大きな出来事が人生のターニングポイントになって、それまでの考えが全く変わったような経験もあるはず。誰もが皆、多かれ少なかれ、何らかの挫折や絶望を経験し、今の自分に成長してきています。

失恋というショッキングな経験が引き金となって意識変容が起こり、自分自身への成長へとつながるようです。成功体験だけでは得られないことが起こると思えば、前向きに受け入れられそうな気がしますよね。でも、具体的にどう変わるのでしょうか?

■自分を見つめ直せる

別れの原因が自分にあると言われた場合は、自分にとってデメリットの部分を排除するチャンスです。

相手が別れを切り出す理由の1つに、恋人の嫌な部分を許せなくなってしまったことが挙げられます。欠点を克服すれば、もっと魅力的な女性になれること間違いなしですよ!

■恋人から自立した自分になれる

「『自分のための価値観』を持つことができるようになった気がする」と彼女。振り回され続けたり、相手任せだったりする恋愛は、つらいばかりですよね。

気が付いたら遊びも飲みも悩み相談も、全部恋人にしていませんでしたか? だんだん友人と疎遠になり、いつの間にか恋人にのめり込んでしまっていた可能性があります。恋人と深い仲になるのも大切ですが、広い視野を持っていろんな人と関わることも必要です。恋人が関わらない自分だけの世界をいくつか持つことで、心にゆとりが生まれるでしょう。

実際に3年半付き合っていた彼に突然フラれたことがあるKさん(26歳・出版)は次のように語ります。

■「親しき中にも礼儀あり」を思い出させてくれた

「いつも黙って話を聞いてくれて、『かわいいね』『好きだよ』とたくさん言ってくれるやさしい彼に、ある日突然『別れよう』と言われた時は信じられませんでした。でも彼の意志は固く、もう私の知っている彼ではありませんでした。

よくよく考えると、私は彼のやさしさに甘え、平気で遅刻していたし、ご飯をごちそうになった時もどこか当たり前と思っていたし、一方的に私ばっかり話をしていたことに気が付きました。彼はそれを受け入れていたのではなく、ただ我慢していただけだったのです。

私は彼の前で飾らない自分でいることが一番だと思っていたのですが、それは自己中心的と紙一重で、いつの間にかそれらをはき違えていました。どんなに長い付き合いでも礼儀を忘れてはいけないですよね。感謝の気持ちは言葉にして伝え、思いやりを持って接することは最低限のマナー。それを思い出すことができました。

今の彼は納得いかないことや許せないことはすぐに言ってきます。ガミガミした人はタイプじゃなかったのに、今では指摘してくれることのありがたさを感じるくらい(笑)。怒られることにも、『自分の欠点を変えるチャンスだ』と考え方が変わりました。元彼から、いろんな気付きを得たのは間違いないです」

ちなみにKさんはかなりマイペースな自由人。「自由過ぎて相手に対しておざなりになってしまったのかも」と話していました。突然の失恋に傷ついても、そこから多くの学びを得られることもあるのかもしれません。そう考えると、失恋も悪くない?

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事