海外旅行で得するのは円高or円安? 知って得する為替の世界

海外旅行で得するのは円高or円安? 知って得する為替の世界

毎日の買い物にも影響してる!
TVニュースなどでよく耳にする「為替」や「円安」、「円高」という言葉。 「自分には関係ない」と思っている人も多いのでは? でも実は、私たちの生活に密接した関係があるんですよ。
 
日常的に使われている「為替」とは、主に「外国為替」を指し、異なる2つの通貨を交換することを意味します。

例えば、アメリカ「ドル」と日本「円」を交換する際に、「1ドル=100円」など、2つの異なる国の通貨を売買(取引・交換)する交換比率を「為替レート」と呼びます。この為替レートは日々変動。「円安」「円高」とは、実はこのレートの上下が関係してくるのです!

では、「円安」「円高」って一体どのようなこと?

円高とは、為替相場<1ドル=200円>から<1ドル=100円>になるような状態です。
1ドルを購入するのに必要な円が少なくなったわけですから、
円の価値が高くなったということになります。
円安はこの逆で、為替相場<1ドル=100円>から、<1ドル=200円>になるような状態で、
1ドルを購入するのに必要な円が多くなったわけですから、
円の価値が低くなったことになります。

牛肉や小麦粉や果物、洋服など、日本は海外から輸入する食料品や衣料品などが多いので、円安が続く場合、スーパーなどで購入する商品の値段が高くなります。「円安」「円高」は、日常のショッピングにも大きな関係してくるのです!
 
このように考えてみると、海外旅行に行く時、お得なのは「円安」と「円高」のどちらでしょう?

もうわかりますよね。円高の方がお得! 海外旅行前に両替するときも、事前にきちんと為替の動きを見ておくことが肝要です。
このように、為替、そして円安や円高は、実は日常の買い物や海外旅行などに関係しています。これからは、少しだけ「為替」を気にして生活してみませんか?

(西さほ+ノオト)

関連記事