別れの原因は引き寄せの法則にあった!? 失恋の理由とその対策とは

別れの原因は引き寄せの法則にあった!? 失恋の理由とその対策とは

ネガティブが破局へ導く!?
「いつ別れるか不安……」「これが最後の恋にしたい」と終焉を気にした恋愛は、その思考に引き寄せられたがために、破局することがあるのをご存じですか? それは、「引き寄せの法則」に基づく原理が働くからだと言います。

別れの原因はいろいろあるにせよ、なぜ別れることになったのか、そして、どうしたら幸せな恋愛が続くのかを、引き寄せの法則を通してご紹介します。なぜかワンクール恋愛ばかりしてしまう人や別れたばかりの人、必見です。

■そもそも「引き寄せの法則」とは?

「引き寄せの法則」というと、「お金がほしい」「結婚したい」などと願うだけで、それが実現してしまう法則のことだと思われがちですが、誤解です。
 本当の「引き寄せの法則」とは「自分と同調するものが自分に引き寄せられる」というもの。つまり「幸せ」を引き寄せたければ、自分がまず幸せな状態にならないといけないのです。

思い込めばそれが実現するのではなく、思い込むための裏付けがあって初めて実現するようです。つまり、幸せな恋愛をするためには、幸せだと実感できる根拠が必要。

逆を言うと、恋愛で不安になってしまう人は不安になる何らかの原因があったはず。そのため、別れを引き寄せていたのかもしれませんね。

■恋愛で不安になってしまう原因とは?

例えば、いつ別れるか不安な気持ちの原因として「付き合ったらいつも恋人にフラれる」などの経験があったとします。こうした経験があると、今の自分の魅力や状況に関係なく「必ず自分はいつかはフラれる運命にある」と考えてしまいがちです。

過去の経験がトラウマとなっていることがあるようです。過去の自分より今の自分の方がより魅力的になっていたとしても、過去の自分の経験にフォーカスしてしまい、ネガティブ思考をおびき寄せていたのかもしれません。

もしそうだとしたら、別れを引き寄せる“根拠(=過去の経験)”があるため、実際に破局につながってしまうのでしょう。

■幸せな恋愛をするためには?

あなたが不安に思う原因は「過去のあなた」にありますから「現在のあなた」であれば、癒していくことができます。「大丈夫だよ」とか「安心して」という形で、あたたかい言葉をかけてあげましょう。

こうした簡単な癒しについては、不安を感じるたびに繰り返し行ってみてください。

幸せな恋愛をするためには、まず不安を取り除いてあげることが先決。過去への未練や執着、トラウマを清算しましょう。そして、自分が成功している様子をイメージしたり、素直に相手や自分を認めてあげたりすることから始めてみてください。

何かに失敗しても、それを「私ってやっぱりダメだ」と思わずに、「これも経験、次から気を付けよう」と思えるかどうか。前向きな思考、それが幸せな恋愛の秘訣なのかもしれませんね。

これらを踏まえた上で、ワンクール恋愛から脱却して見事ゴールインしたAさんに、幸せな恋愛をつかめた理由について聞いてみました。

■自称恋愛弱者のAさん(女性・26歳)の場合

「美人で聡明な人はモテて当たり前、自分は並のルックスだから到底敵いっこない。ずっとそう思っていました。恋愛していても、キレイな女友だちに嫉妬心丸出しで、私を好きだと言ってくれている彼氏の気持ちを信じてあげることができませんでした。卑屈な感情に縛られていた私は『どうせ私は○○さんみたいにかわいくないし……』とかわいげのないことを言ったりして、彼氏をウンザリさせたこともあります。

こんなウジウジした女、絶対に飽きられる……このままではダメだと思い、人と比べることを止めてみました。自分には自分の良さがあると、認めてあげたんです。良さがないと思うのなら、良さを作る。そうしてその良さが自分に自信を持つための根拠となり、根拠のある自信を持てた私は前向きなマインドを手に入れることができました。

ポジティブでいると、彼もつられて笑顔でいることが多くなった気がします。他にも、相手の言葉の裏をかかなくなって素直に喜べるようになったし、彼を幸せにしてあげたいという気持ちが自然と湧きました。今思うと、これが引き寄せの法則だったのかもしれません」
確かに美人はキャッチーな魅力ではありますが、人の魅力はそれぞれ。そのことに気付いて前向きになれれば、幸せな恋愛ができるのではないでしょうか? 恋愛で不安な気持ちが付きまとっている人は、ぜひ試してみてくださいね。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事