写真よりもリアル! 本物みたいなアート作品にほれぼれ~☆

写真よりもリアル! 本物みたいなアート作品にほれぼれ~☆

これが絵なの!?
YouTubeにはたくさんのアート作品がアップされています。アートにはほぼ無縁、美術館では最後まで集中力が持たない筆者ですが、今回はこんなものを見つけちゃいました☆
Drawing time lapse: a bag of M&M's - hyperrealistic art
イラストタッチに仕上がるのかと思いきや、完成した絵はまるで実物そのもの! 白を巧みに使って、くしゃっとした袋の感じや光沢を出していきます。そういえば、絵の個展なども開いているEXILEのTAKAHIROさんも「白の使い方がポイント」と言っていました。白なんて、色を混ぜる時以外に使ったことないな……。
Drawing timelapse: a bottle of Oddka vodka - hyperrealistic art
途中までは絵に見えるのですが、いつの間にかリアルな仕上がりに。何度見てもフシギです。

さらに、キャンバスは紙だけにとどまりません!
こちらの金魚、なんと絵画なんです! もはや本物にしか見えないこの作品の主は、美術作家の深堀隆介さん。なんでも、自室の水槽にいた金魚をふと覗き込んだとき、その美しさに心を奪われてしまったのだとか。それ以来、独特の表現で金魚を描き続けているそうです。

それにしても、一体どうやって描かれているか気になりませんか?
発掘!アーティスト これが「絵画」!? 本物さながらの金魚アート
(出典 : YouTube/Sony
固めた樹脂の上から絵の具で描いて、また樹脂を流し込んで……。あのリアル感は、なんとも気の遠くなるような作業によって作られたものだったんですね~。

写真よりも実物に見えちゃうなんとも不思議なアート! ぜひ一度、間近で確かめてみたいものです。

(榮みほ+ノオト)

関連記事