オトナの女性を魅了するブライス人形の世界を覗いてみよう

オトナの女性を魅了するブライス人形の世界を覗いてみよう

かわいすぎるでしょ!
子どものころ、着せ替え人形と遊んだ経験のある方もたくさんいるかと思います。いろんな服を組み合わせたり、髪型を考えたりするのが楽しかったですよね。実はオトナが全力で同じように着せ替えをしたりして、おしゃれにカスタマイズしていく「ブライス人形」というお人形があるんです。
ヘアもメイクもキマっていて、女子会の待ち合わせ風景みたいでカワイイ! この画像のお人形、見たことある方も多いのではないでしょうか。お人形の個性やシチュエーションに合わせて、いろんな洋服や髪型を考えていきます。
着物でしっとりとした色気を出してみたり。
ロケも敢行! 雑誌のモデル撮影のようですね。

そもそも、このブライス人形というのはどういう物なのでしょう?

ブライスは1972年にアメリカで一年間だけ幼児向けのドールとして発売されましたが、人気を得ることはなく販売は一年間で中止となりました(通称ヴィンテージブライス)。
(中略)
ブライスのライセンス元であるハスブロ社の許可を受け、2001年6月にCWCのプロデュース、株式会社タカラ(現:株式会社タカラトミー)の製造・販売により、日本生まれの新生ブライス(ネオブライス)第1弾が発売されました

ネオブライスは、グレープフルーツサイズの頭に、華奢なボディが特徴のファッションドールです。

後頭部のヒモを引くと瞳の向きと色が変わり、微妙な表情の変化を見せます。
様々なテイストのファッションを着こなし、メイクやヘアスタイルによっても全く別のドールのような印象を与えます。
ファッション感度の高さに注目されることも多く、雑誌や広告をはじめにプロモーション全般にわたって、多くのクライアントを持つファッションモデルとしても活動しています。

一度は販売中止になっていたとは驚きです! そして、モデルみたい! と思っていたら、モデル活動もしていたのですね。
実際に2014年の2月にはボッテガ・ヴェネタの店頭を飾っていたことも。カワイイ!

カスタマイズできるポイントがたくさんあるブライス人形。中でも瞳の色が変わるのが特徴です。
カスタム前後で全然違う顔! メイクアップアーティスト気分になれちゃいますね。
洋服を手作りしちゃう方も! 小さい布を縫うのは大変そうですが、自分好みにするならコレが一番♪
ドールハウスの中にこだわるのもアリですね。洋服に合わせてポップにしたり、ナチュラルにしたり。日替わりで模様替えが楽しめちゃいます!

いろんな楽しみ方があるブライス人形、あなたも自分なりの楽しみ方を見つけてみて☆


(田中いつき+ノオト)

関連記事