お金の管理も楽々♪ やりくり上手に一歩近づく便利アプリ3選

お金の管理も楽々♪ やりくり上手に一歩近づく便利アプリ3選

これで無駄遣いも卒業できちゃうハズ!
社会人、特に一人暮らしをしている人にとって、お金の管理は大切なデイリーワークの1つ。出費を押さえながらやりくり上手になれば、日々の生活だけでなく心にもゆとりが生まれてくるもの! けれども、毎日コツコツと家計簿をつけるのは骨が折れてしまいますよね。

そこで今回はお金の管理がグッと楽になるアプリや、日々のお買いものをもっとスムーズに済ませることができるマネー系アプリをご紹介します♪

■Zaim

Zaimはお金を楽しく管理し、節約できる無料の家計簿アプリです。長く続けられるよう、家計簿の仕組みを丁寧に作り込んでいます。レシート読取や音声入力などにも無料で対応。家計簿としても、資産管理としても使えます。

まずはお金の管理に欠かせない家計簿アプリから。「Zaim」は数ある家計簿アプリの中でもなんと現在350万人以上が利用しているという人気アプリです。レシートを撮影するだけで項目を記録できたり、金融機関の入出金記録を自動的に取得してくれたりと、便利な機能が多く備わっています。日々のお金の出入りを可視化できるため、「私、こんなに無駄遣いしていたんだ……!」なんて驚く人も。
また、機能も随時アップデート中。つい先日には、こんな便利な機能も加わったのだとか。

新たに提供するのは、国や地方自治体の給付金情報を集約・抽出するツール「わたしの給付金」。ユーザーのプロフィールや家計の状況から受けられる可能性がある給付金を自動で抽出してくれる。これにより受給対象の給付金を受けられないといった機械損失を防げるようになる。まずは東京23区、横浜市、川崎市の892種類の給付金から開始し、2月以降は県庁所在地を中心に全国展開する。

単に無駄遣いをチェックする家計簿としての役割だけでなく、未来の自分のお金の使い方も考えられるアプリとも言えそうですね! ZaimはAndroid版、iOS版どちらもリリースされています。

■ICONIT

誰でも一度はダウンロードしたことがあるであろうQRコード読み取りアプリにも、便利なマネー機能が付いています。アプリ「ICONIT」は、QRコードだけでなく、商品についているバーコードを読み取る機能を実装しているんだとか。

「アイコニット」ではバーコードを読み取れさえすれば、簡単にショッピングサイトに飛んで注文する事ができるようになっています。
これを使えば、興味のある商品に遭遇した際にバーコードを読み込む事で商品検索をするという、購入までの面倒なプロセスを省く事ができるようになります。

これは便利そう! ということで、実際にチャレンジしてみました。
アプリを起動して、ネットで購入したいもののバーコードを読み取ります。カメラの精度も高いので、少しピントを合わせるだけで簡単にスキャンできました。
読み取り結果の画面で「Amazon」のボタンをタップすればこの通り! わざわざ検索する必要もなく、スムーズに購入できます。ICONITはAndroid版、iOS版でリリース中。ぜひお試しあれ!

■メルカリ

最後にピックアップするのは、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ「メルカリ」。捨てるにはもったいないけれど、不要になってしまった衣服や雑貨を売ることができたり、思わぬ掘り出し物と出会えたりと、フリーマーケットは節約家にとっては何よりもうれしいイベント。そんなフリマをいつでもどこでも、スマホ一つで楽しめるのが「メルカリ」です。

オークションとは異なり、提示された額で商品を入札すればすぐ落札できる。他の人と争うことで価格がつり上がることはなく、落札終了の日時まで待つ必要もない。出品した直後に落札されることもあるなど、素早く取り引きできることで人気を呼んでいるようだ。

また、今年の4月からはヤマト運輸と提携した新サービスをスタート。ヤマト運輸の営業所に商品を持ち込めば、全国一律の配送料で配送依頼できるのだとか。

新サービスでは、メルカリのデータベースとヤマトのデータベースを連携。メルカリの出品者に対して、出品した商品が購入されるとQRコードを発行する。その後商品をヤマト営業所に持ち込み、発行したQRコードを店頭端末「ネコピット」で読み込むと、配送伝票を自動で印刷。その場で配送の手続きを完了できる。猫ピットは全国4000カ所のヤマト営業所に設置している。

フリマがグッと身近なものになりそうなアプリ「メルカリ」。こちらもAndroid版、iOS版共にリリースされています♪
アプリ1つで、ふだんのお金の管理や買い物もワンランクアップ! 気になるものからぜひダウンロードしてみてくださいね♪

(みさくらけいこっ+ノオト)

関連記事