これだけは知っておきたい! ゴルフ女子のための基礎知識 ~ラウンドデビュー編~

これだけは知っておきたい! ゴルフ女子のための基礎知識 ~ラウンドデビュー編~

【ゴルフ女子になろう!vol.5】
前回はゴルフを始める前に準備するものをご紹介しましたが、最終回では、いよいよ実際のコースに出てゴルフをプレーしてみるラウンドデビューについてです。

まず、初めて行くゴルフ場はどこがいいのでしょうか? 連れて行ってくれる方にお任せするのも良いですが、初心者向けのゴルフコースなどを調べておくとなお良し!

例えばフェアウエイ(芝が短く刈り込んである部分)が広いところ、全体的にフラットで池が少ないところなど、難易度が低いコースがオススメ。また練習場が充実しているコースなら、早目に到着してたっぷり事前練習ができます。いきなり18ホール回るのはハードかも……という人は、ハーフプレーが可能なコースを選んで。
続いては、これだけは覚えておきたい、ゴルフのルールやマナーについてご紹介します。

■ちゃんとしたゴルフウェアを着用する

ポロシャツなどエリの付いたものを着用し、極端に短いスカートやパンツなどは避けましょう。格式の高いゴルフ場では入退場時にジャケット着用を義務付けているところもあるので要注意! ジーンズ着用やサンダルでの来場も基本NGです。

■遅刻は厳禁!

スタート時間に遅れることは決してあってはなりません。ゴルフ場には、準備も考えてスタート時間の1時間前には到着するよう、出発時間を調整しましょう。心の余裕があったほうがゴルフも落ち着いてできます。

■スロープレーをしない

ゴルフで最も気をつけなければならないのは「スロープレー」といって進行が遅れること。プレー中の移動はできるだけ走り、素振りは2回まで、次に打つクラブや予備のボールを常に持っておく、ボールが見つからない場合、いつまでも探さずローカルルールに従って対処するなど進行には常に気を配りましょう。

■立ち位置を確認する

ショットを打つ人の前は危険なので絶対に出てはいけません、また真後ろも打つ人の邪魔になるので避けましょう。同伴者がアドレス(打つ準備)に入ったら静かにしましょう。
細かなマナーがある中、初心者が間違えやすいゴルフのルールも……。

■打つ順番

1打目は前のホールのスコアが良い順、2打目以降はボールがグリーンから遠い人から打つことになります。スタートホールでは、くじ引きやジャンケンで決めます。

■スコアの数え方

ドライバーでもパターでも打ったら1打となります。打ち損じた空振りも1打です。池に入ったら+1打、OBに入った場合は+2打として打ち直すか、ティーショットの場合なら、打ち直しと仮定して、プレーイング4(前進4打)と呼ばれる特設ティ(ローカルルールで、次打を打つ地点として定められた位置)から、4打目として打つことができます。

■パターの「オッケー」も1打

グリーン上で最後の短いパットが残った時に、同伴競技者が「多分外すことはないだろうから、打たなくてもいいよ」と認めて実際のパッティングを猶予してくれるものです。これはパターを打ったと仮定したものなので、スコアとして数えましょう。
基本的なルールをいくつか紹介しましたが、これはほんの一部。他にもたくさんルールやマナーがありますので、デビュー前に一度、コースレッスンなどに参加することをオススメします。

一度覚えてしまえば、後は快適で楽しいゴルフライフが待っています! ゴルフシーズン真っ盛りの今、ぜひこの機会にゴルフを始めてみてはいかがでしょうか?

写真提供/ゴルフ場オンコースレッスン「JGMオンコレ」

関連記事