オープン日に潜入! 新食感のかき氷「アイスモンスター」はやはりとんでもなかった!

オープン日に潜入! 新食感のかき氷「アイスモンスター」はやはりとんでもなかった!

サクサクというよりサフサフ!
以前ALICEYでも取り上げた、台湾発の大人気かき氷店「アイスモンスター」が4月29日、東京・表参道にオープンしました。これは早速食べに行かなくては! 今回はオープン当日の模様をレポートしちゃいます♪
午前10時30分、JR山手線の「原宿駅」に到着。祝日ということもあり、なかなかの混雑具合。うわさの「アイスモンスター」は、原宿駅から表参道の並木道に向かい、ちょうど坂を下り切る手前辺りにあるとのこと。オープンは11時。急がねばっ!
「アイスモンスター」に到着しました! テレビカメラが何台も来ていたり、お店の前では風船を配っていたりと、オープン前から大賑わいです。早くも入店待ちの列ができていました。列の最後尾はどこだろう。
れ、列の終わりが見えません……。
最後尾からの様子。もはやお店が見えません。行列の長さを調べたところ、なんと約150m!

スタッフさんにお話を伺ったところ、朝8時の時点ですでに40~50人が並んでいたそうです。しかも、これはお店に入るために並んでいるのではなく、「お店に入るための整理券をもらう列」! 
手に入れた整理券がこちら。チケットを受け取るまで約2時間、1人で寂しかったです。このQRコードを読み取り、メールアドレスを登録すると、自分の番号が近づいたときにメールで知らせてくれるんだそうです!

さて、これからどうしようと考えている筆者の前に現れた、お店から出てくる2人組のやさしそうな女性。せっかくの機会なのでお話を聞いちゃいました♪
――今日はどちらから?

2人とも埼玉県から来ました。

――朝は何時ごろこちらに?

9時半です。もうその時には200人くらい並んでいてびっくりしました~。そこから整理券もらって、近くのお店で時間つぶして13時にお店に入ったって感じです。

――朝9時半にきて、13時入店! お店の雰囲気や味はいかがでした?

2階建ての、きれいでスタイリッシュなお店でした。頼んだのは2人とも「タピオカミルクティー」。なめらかでおいしかったです。ただ量がすごく多くて、ちょっと残しちゃったのが申し訳なかったです……。

この時、筆者は「あんまり食べない子なのかな?」なんて思ったのですが、後でこの言葉の意味を、身を持って体感することに。
そんな2人に別れを告げ、1人表参道周辺をぶらつきながら、時間をつぶしていた筆者の元にメール連絡が来たのは18時4分。なんと整理券取得から4時間半後でした。やっと食べられる……!

ちなみにこの時点で「タピオカミルクティー」、「マンゴー」、「コーヒー」以外の味はすべて品切れとなっていました。整理券の配布も13時前には列を締め切っていたそうです。
「ハローニーハオ!」という元気なあいさつで迎えられ、ついに店内へ。テーブルでは、マスコットキャラクターのおじさんが視力検査中。
そして運ばれてきたのが、台湾で一番人気の「タピオカミルクティーかき氷」(1,000円)。黒いタピオカをかき氷の上にのせて、早速いただきます!
なめらか! かき氷というより、ものすごく口どけの良いアイスを食べているような、今まで食べたことのない不思議な感覚。温かなタピオカがアクセントになり、どんどん食べられちゃいます。お水代わりに白湯が用意されているので、口の中の温度もバランスが取れて食べやすい!
なんとか完食! たしかにものすごい量で、決して小食ではない筆者でもおなかいっぱいです。「ご飯の後のデザート」なんて感覚で行ったら、ちょっと後悔するかも……。

上陸初日から注目を集める大人気かき氷店「アイスモンスター」。だんだんと暑くなるこれからの時期に、あなたも気合いを入れて、台湾生まれの「アイスモンスター退治」してみませんか?

<店舗情報>
ICE MONSTER
東京都渋谷区神宮前6-3-7
TEL:03-6427-4100
営業時間 11:00~21:00
不定休

(目良シンジ+ノオト)

関連記事