夏休みの予定はGWに立てよう! 夏に行きたい世界遺産 ~西欧編~

夏休みの予定はGWに立てよう! 夏に行きたい世界遺産 ~西欧編~

歴史ある街を優雅にお散歩♪
GWの予定は特になし……。そんな人はこの休暇を使って、夏休みを思い切り楽しむ計画を立ててみませんか? 夏休みに出かけたい世界の絶景をご紹介しちゃいます。

地域も文化も幅広いヨーロッパ世界。数ある国の一つひとつが、独自の世界遺産をいくつも内包しています。今回は、そんな中でもちょっと変わった世界遺産をご紹介♪

■メテオラ(ギリシャ)

ギリシャといえばアテネのアクロポリスにあるパルテノン神殿が有名ですが、実はこんなスポットも。テッサリア地方のピンドス山脈の麓に建てられた修道院。なんと、建っている場所が高さ400mの断崖の上なんです。しかも、現在でも現役だそうで、中では修道士たちが日々瞑想し、祈りをささげているそうです。

■フランス(モン・サン・ミッシェル)

フランスでもっとも有名な巡礼地として名高い、歴史ある修道院。天使からのお告げで孤島に建設されたという伝説があったのですが、19世紀後半の堤防道路建設以降、土砂が溜まって、本土と繋がってしまうことが多くなってしまったそうです。そんな中、今年の3月、大潮によって久しぶりに「孤島」の姿を回復し、世界中からはその様子を見ようと数千人が集まったんだとか。

■イタリア(アルベロベッロのトゥルッリ)

イタリア南部にある、「アルベロベッロ」というちょっと変わった名前の町には、とんがり帽子をかぶったような伝統的な家「トゥルッリ」が軒を連ねています。かわいい商店が立ち並び、町には猫がたくさんいるなど、まるで絵本の中にいるみたい!
メジャーな観光地もいいけれど、もう一歩踏み込むと、一味違った楽しみ方が見えてくる! 今年の夏は一歩進んだヨーロッパ観光にチャレンジしてみては?

(目良シンジ+ノオト)

関連記事