夏休みの予定はGWに立てよう! 夏に行きたい世界遺産 ~オーストラリア編~

夏休みの予定はGWに立てよう! 夏に行きたい世界遺産 ~オーストラリア編~

エアーズロックで愛を叫びたい!
GWの予定は特になし……。 そんな人はこの休暇を使って、夏休みを思い切り楽しむ計画を立ててみませんか? 夏休みに出かけたい世界の絶景をご紹介しちゃいます。

世界で6番目に面積の大きい国「オーストラリア」。日本から飛行機で約8時間と、比較的アクセスもしやすく、留学やワーキングホリデーの場としても活用されています! 

■ウルル・カタ・ジュタ国立公園

言わずと知れた地球のへそ「エアーズロック」を有する国立公園。1987年に自然遺産に指定され、1994年にはアボリジニ文化の価値が評価され、文化遺産にも指定されました(複合遺産)。世界遺産の中でも貴重な場所の1つとなっています。

■タスマニア原生地域

オーストラリア大陸の南部、沖合に浮かぶ「タスマニア島」。1982年にウルル・カタ・ジュタ国立公園と同じく、複合遺産指定されました。タスマニアデビルやカモノハシ、ウォンバットといった動物が生息しているだけでなく、太古の植物がそのままの姿で生息し続けていたり、岩壁画などの貴重な遺跡が残っていたりと、歴史的にも価値のある、見どころ満載の島です♪

■フレーザー島

オーストラリア大陸の東部沖合に浮かぶ「フレーザー島」。世界最大の砂の島として知られ、先住民のアボリジニはこの島をカガリ=「楽園」と呼んでいたそうです。
この他にも、巨大な波が固まって岩になったような「ウェーブロック」や、ダイバーの聖地「グレートバリアリーフ」、カンガルーやコアラといった特有の動物が生息する「カンガルー島」など、訪れたいスポットが目白押しのオーストラリア! 遊び尽くすには夏だけじゃ足りないかも?

(目良シンジ+ノオト)

関連記事