老化につながる紫外線は5月がピーク!? 紫外線の種類とその対策法

老化につながる紫外線は5月がピーク!? 紫外線の種類とその対策法

日焼けだけじゃなくシワの原因も紫外線!?
日差しが強い日が続きますが、紫外線対策はもうお済みですか? 夏だけ日焼け止めを塗っていれば焼けないと考えている人、ちょっと待って。実は5月の紫外線が女性にとって最も大敵。春は日焼けの元になる紫外線・UVB波だけでなく、エイジングを促進させると言われるUVA波がたくさん降り注いでいるのです!

でも紫外線UVA波、UVB波って何? これらの違いと特徴と合わせて日焼け止めの選び方もご紹介します。

■老けるのはUVA波、焼けるのはUVB波

「UVA」は肌の奥深くまで達し、肌のハリや弾力を保つ「エラスチン」やコラーゲンを破壊し、深いしわや、たるみの原因となると言われています。

浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

日焼け止めは、ただ美白を守るためだけでなく、いつまでも若々しさを保つためにも必要なようです。これらの紫外線対策として、日焼け止めを塗る以外には、直射日光に当たらないようにすればいいのでしょうか?

■UVA波は家の中にも入り込む!

< UVA波の特長 >
・波長が長く、表皮だけでなく肌の奥の真皮まで届く
・雲や窓ガラスを通して肌まで到達する
・赤みや炎症が起きにくいので気づかないことがある
・日常生活を送る中で「うっかり日やけ」をしやすい

波長が短いUVB波なら、真皮まで達することがないため、日陰にいることで避けられるかもしれませんが、UVA波は波長が長いため、屋内にいても浴びてしまうのだとか! たとえ家の中にいても、曇り空でも、日焼け止めは必須なようです……。なんて厄介な紫外線なのでしょう。

双方の紫外線を防ぐためには、日焼け止め選びが重要になってきます。それでは、SPFとPAについて知っておきましょう。

■SPFはUVB波の防止効果を表す数値

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。この数値の意味ですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味ではありません。紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。

最も効果が高いのは「SPF50+」。とはいえ、完全に日焼けを防げるわけではなさそうです。こまめな塗り直しをして防ぐしかないですね。

■PAはUVA波の防止効果を表す数値

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。

最も効果が高いのは「PA++++」。SPF値だけでなく、こちらにも注意して、日焼け止めを選びましょう。

■最強の日焼け止めは「SPF50+、PA++++」ですが……

では、SPH値、PA値ともに最高クラスのものを選べば完璧なのでしょうか? アンチエイジング外来で有名な小林メディカルクリニック東京の小林先生のインタビューを発見。

配合の具合にもよりますが、SPF値が非常に高い製品の場合、肌の弱い人は肌荒れする場合があります。

室内にいることが多い日は、SPF値もPA値も低い日焼け止めを選んだほうが、肌への負担を抑えられます。一方、海や山に出かけるときは、高い値の日焼け止めを選びましょう。また、基礎のスキンケアでしっかり保湿をしておくことも大事です。保湿前の肌に日焼け止めを塗りこむと、肌に直接吸い込まれてしまい、肌への負担が大きくなります。必ず保湿重視のスキンケアをおこなってから、日焼け止めを塗りましょう

SPF値やPA値が高ければ、低いものよりは肌に負担がかかるので、使い分けが大事になるんですね。外にいる時間が短い時はSPF値が10〜30までのものを、外にいる時間が長い時はSPF値が高めのものを、自分の肌と相談して決めたいものですね。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事