アレンジ自在な「シュガースクラブ」でつんつんしたくなるマシュマロ肌へ☆

アレンジ自在な「シュガースクラブ」でつんつんしたくなるマシュマロ肌へ☆

自分でも簡単に作れちゃうよ♪
角質を取り除き、肌表面をツルツルにする「スクラブ」は、洗顔やマッサージクリームなどによく入っていますよね。塩をスクラブとして使用しているコスメなども出回っていますが、どれも粒が粗いものが多く、肌を傷めてしまうことも。

そこでオススメなのが、赤ちゃんにも使えるといわれている「シュガースクラブ」! その名の通り、砂糖を使ったスクラブのことで、自分好みの材料とカスタマイズして作ることができます。

■シュガースクラブとは?

お砂糖のもつ、高い浸透力と吸水、保湿力を利用した、肌への負担が少ないボディケアです。シュガースクラブを手に取りやさしくマッサージするだけで、お肌が内側からしっとりと潤い、マシュマロのようにふわっと柔らかくなるのだとか。

肌表面をさっぱりさせるだけでなく、うるおいに満ちた柔肌にしてくれるなんて素敵すぎ!

■赤ちゃんにも使えるってホント?

シュガースクラブが何故肌に優しいのか、それは、砂糖の方が塩よりも溶け始める温度が低いからなんです。
肌に乗せてマッサージをしているうちにどんどん溶けていくので、角質を痛めすぎずに優しくケアが出来るというわけ。だから赤ちゃんのデリケートな肌でも使えるんですね。
アトピー性皮膚炎の方もシュガースクラブの保湿効果でトラブルが減ったとの事例も。
※アトピー性皮膚炎をお持ちの方は一度医師に相談してから試してみてくださいね。

砂糖の溶けやすさが肌を傷めない秘密だったのですね。どんな肌質の人でも比較的使うことができるのはうれしいポイント。

■使う材料は?

【用意するもの】
・上白糖 大さじ2〜3杯(使いたい分量に合わせて調節してください)
・オリーブオイル 上白糖が浸る程度

材料を混ぜるだけ! 定番はオリーブオイルやココナッツオイル、エッセンシャルオイル、ハチミツ、レモンのようです。ヨーグルトや馬油などもいけそう。基本的に肌に良いとされているものを選んでくださいね。ブレンドは肌質や肌のコンディションなどに合わせて試してみてください。ただし、砂糖は溶けやすいので、混ぜ物は少なめにしておきましょう。つぶつぶが残っているほうが、砂糖のスクラブ効果を感じられます。

■みんなのオリジナルシュガースクラブを拝見♪

Twitterでは、手作りのシュガースクラブがたくさんアップされています。材料や保存容器の選び方、使い方など参考になりそう。
話題のココナッツオイルを使ってみたり、アロマオイルを垂らしてみたりとさまざまですね。容器は透明な瓶がかわいいっぽい!

やさしい使い心地のシュガースクラブは、ボディケアとしてはもちろん、リップケアやフェイスパックとしても使えそうなので、ぜひお試しあれ♪

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事