梅雨のおうち時間を楽しもう! 満足度大の“続きモノ”映画3選

梅雨のおうち時間を楽しもう! 満足度大の“続きモノ”映画3選

たくさん映画を観るチャンス!
梅雨の時期は、どうしても家の中で過ごす時間が増えるもの。せっかくだからどっしり腰を据えて、“続きモノ”を制覇してみてはいかが? 気分に合わせてチョイスできるよう、今回は毛色の違う作品をご紹介します。どの作品も見ごたえ抜群&甘さ控えめなので、彼氏とのデート利用も可! 心の“観たいDVDリスト”に入れておいて損はしませんよ。

■18年にわたる恋愛映画の金字塔 「ビフォア」3部作

最初にご紹介するのは、「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」「ビフォア・サンセット」「ビフォア・ミッドナイト」の3作品からなる恋愛映画。 

18年前、列車の中で出会ったジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)。ジェシーの誘いに乗る形で二人は途中下車し、ウィーンの街を“夜明けまで”歩き、話し続けます。お調子者で皮肉屋のアメリカ男と、怒れるインテリフランス女の話はあっちへ行き、こっちへ行き……。「ビフォア・サンセット」では、9年後のパリでの“日暮れまで”の再会が描かれ、「ビフォア・ミッドナイト」ではさらにその9年後、“真夜中まで”ギリシャで語り合う二人が見られます。

この映画のテーマは“運命の恋”。それがどう変化していくのか、一組のカップルを20代、30代、40代と追うことで、まざまざと現実を見せつけます。といっても、ラストには希望があるので心配ご無用。「こんな特別な相手に出会いたい」と感じたり、忘れられない恋人に思いを馳せたり、感じ方は違っても、運命を信じたくなるはずです。まるで実在のカップルを見ているような、テンポのいい二人の会話も見どころのひとつ。

■スウェーデン発の辛口ミステリー 「ミレニアム」3部作

お次は、ベストセラー小説の映画化。「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」「ミレニアム2 火と戯れる女」「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」の3部作完結で、後にハリウッドでも「ドラゴン・タトゥーの女」として映画化されました。

主人公は、天才ハッカーである調査員リスベットと、社会派雑誌「ミレニアム」の記者ミカエルのコンビ。第1部はスウェーデンのとある孤島を舞台に、約40年前の少女失踪事件の謎を追い、第2部では少女売春組織の調査をきっかけにリスベットが容疑者にされてしまうピンチが。そして第3部では、リスベットが自分の過去と対峙。彼女の過去を封印しようとする巨大組織と壮絶な闘いを繰り広げます。

……と言われたところで、「どんな話よ?」と思われるでしょうが、まぁ骨太なミステリーです。ヒロインのリスベットはアイラインガッツリ&鼻ピアス&革パンツというかなりの奇抜女子なので、最初は筆者も引きました。が、彼女の精神的タフさを知るにつれ、すっかり憧れの対象に。ミカエルへの微妙な恋愛感情も気になるところで、ハードな物語のほっこりエッセンスになっています。頭を使いたい気分の時に、ぜひ。

■アクション&寝取られの合わせ技!? 「ハンガー・ゲーム」

最後は、今こそ観たい「ハンガー・ゲーム」「ハンガー・ゲーム2」。実は、6月5日(金)に「ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス」という続編の公開が決まっているのです。楽しみー!

舞台は、独裁国家と化した近未来のアメリカ。反乱を防ぐため、毎年国中から集められた12歳から18歳の少年少女が殺し合いのゲームに参加させられます。主人公・カットニス(ジェニファー・ローレンス)は1作目でハンガー・ゲームに参加し、見事生き残るのですが、2作目では革命の象徴とされたことから命を脅かされて……。

あらすじから「バトル・ロワイアル」を連想した人は多いと思いますが、話は全然違うし、私はこちらの方が好み! 説教臭くないし、グロくもないし、恋愛要素も多めです。「故郷で兄妹のように助け合ってきた親友か、ゲーム中に急接近した優しい男子か、どっちを選ぶ!?」という乙女心の揺れ動き、そして男子からの胸キュンアピール。エンタメ要素盛りだくさんの大作なのです。

個人的には、続きモノは次回作の公開を待つのがイヤなので、DVDでまとめて観る派。丸一日ひとつのシリーズの世界観にどっぷり浸るのも、なかなかいいものです。

ちなみに筆者は先日、男子から「映画の試写会のチケットが余ってる」と誘われてウキウキ出かけたのですが……本当に映画のみで解散してびっくり! えっ、デートの口実じゃなかったの? 運命の相手じゃなかったみたいですね☆

関連記事