アジア初! 物語がアートになった、大人版「飛び出す絵本」の展覧会

アジア初! 物語がアートになった、大人版「飛び出す絵本」の展覧会

ため息がでちゃう美しさ……
子どものころ、誰でも一度は読んだことがある「飛び出す絵本」。ページをめくるたびに、わくわくしましたよね。そんな「飛び出す絵本」の大人版があるのを知っていますか? それがこちら!
「Wild Flowers No.10」2014年 photographed by Yeshen Venema
「うわぁ、キレイ……」と思わずため息が漏れてしまいそうなほど美しいこの作品は、なんと実際の本のページをカットして作られたものなんです!

作者のスー・ブラックウェルさんは、ロンドンを拠点に活動するブック・スカルプチャー(本を素材とした彫刻)という独自のスタイルで表現するアーティスト。おとぎ話や民話をテーマに数々の作品を生み出しています。
「The Darkness is Rising」2014年
彼女にとって、文学作品はインスピレーションの宝庫。自らが実際に読んだ本や物語からヒントを得て、詩的空間を表現しているんだとか。

今回の個展のテーマは「Dwelling‐すみか‐」。この他にも、ガストン・バシュラールの著書『空間の詩学』にインスピレーションを得た、新作を含む全11点の作品が見られるのこと。また、開催日初日には、ブラックウェルさん自ら説明を行うトークイベントが開催されるそうです!

アートになった物語を細部まで見ることができる絶好の機会♪ ブラックウェルさんが織りなす独特の世界観を、ぜひあなたも体験してみては?


<イベント情報>
スー・ブラックウェル「Dwelling-すみか-」
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階/ポーラ ミュージアム アネックス
会期 4月29日(水・祝)~6月14日(日) 11:00~20:00
入場料 無料

画像提供/ポーラ ミュージアム アネックス

(榮みほ+ノオト)

関連記事