甘いのにやせる!? 甘酒ダイエットにチャレンジ♪

甘いのにやせる!? 甘酒ダイエットにチャレンジ♪

甘酒は「女性応援ドリンク」だった!?
巷にはさまざまな種類のダイエット法があふれていますが、一体どれがいいのか判断が難しいですよね。ダイエット法を選ぶ指針として、「健康的であること」「続けやすいこと」「無理なくできること」などが挙げられますが、さらに「美容効果が期待できる」などのプラスアルファがあればうれしいもの。

そこで今回注目してみたのが、「甘酒」!

1週間で3kgやせる……! といった劇的な変化を望めるものではありませんが、まさに上記の条件に当てはまった理想のダイエット法なのです。実際に筆者も試してみたので、その結果もあわせてご紹介いたします。

■甘酒を使ったダイエット法とは?

甘酒を使ったプチ断食の方法は、食べ過ぎたと感じた翌日に食事の代わりに甘酒を飲むだけ。空腹を感じたら甘酒を飲み、同時に水も飲むようにしましょう。

一食置き換えダイエットやプチ断食などに使うといいそうです。小腹が減った時に飲むのも良さそう。

■甘酒がダイエットにいいワケ

・甘酒に含まれるブドウ糖が血糖値をすばやく上昇させるので満腹感を得やすい。
・ 栄養素が豊富なことから、食べ過ぎた翌日や週末の「プチ断食」として活用できる。
・ 甘酒には食物繊維やオリゴ糖も含まれているため、腸の働きをよくして便秘解消にも役立つ。
・ 発酵食品である甘酒には整腸作用効果が。これにより内臓が活性化し代謝アップに役立つ。
・ 砂糖不使用なのに麹の甘さで十分満足できる。スイーツへの欲求が緩和する。
・ とろみがあるので満腹感がある。

代謝促進や食べ過ぎ防止に効果があるようですね。ただし、砂糖を使用して甘くしている「酒粕」由来の甘酒は高カロリーなので要注意。「米麹」からできている甘酒はブドウ糖が含まれており、砂糖不使用でも十分に甘いので、こちらを選ぶようにしましょう。

■痩せるだけじゃない! こんないいことも?

発酵食品である甘酒は、麹菌が繁殖する時に様々なビタミンを作って米麹に蓄積され、それが甘酒の成分にもなっています。ビタミンB1・B2・B6・ビオチン・パントテン酸などの代謝を促すビタミンB群が豊富に含まれるため、美肌作り、夏バテの改善・予防、疲労回復、ダイエット等を助けてくれます。

甘酒は栄養豊富なので、ダイエットだけではなく、疲労回復や健康向上にも一役買いそうです。

甘酒と言えば、麹や酒粕に含まれているコウジ酸が特徴的です。コウジ酸にはシミの原因となるメラニン色素を合成する酵素の働きを抑える働きがあることから、シミやくすみを抑え、白く美しい肌作りをサポートします。美を心がける女性の心強い味方です。

なんと美容効果も期待できるだなんて、女性にとってまさに夢のようなシロモノ……!

■甘酒ダイエットを試した結果……

筆者はというと、2カ月ほど毎日コップ一杯の甘酒を豆乳で割って飲んでいました。体重は-2kgという非常にゆるやかな減量となりましたが、何よりも肌ツヤが良くなったような気がします。花粉症由縁のゆらぎ肌で、鼻の頭の皮向けがひどかったのですが、甘酒を飲み始めてからはそれも改善しました。

甘酒を割った豆乳も、女性ホルモンと同じような働きかけをするイソフラボンが含まれている“女性応援ドリンク”なので、ダブルの効果が得られたのかなと思います。

豆乳以外にも、酒粕で粕汁を作ったり、毎日の料理に加えたりするなど、アレンジも効くのでぜひお試しください。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事