高級食材だけじゃない! 「ふるさと納税」のうれしい特典いろいろまとめ

高級食材だけじゃない! 「ふるさと納税」のうれしい特典いろいろまとめ

豪華すぎる「謝礼」に動揺を隠せない…!
最近メディアで何かと話題の「ふるさと納税」。寄付した自治体から豪華な特産品がもらえるケースが多く、そのお得さから始める人が増えているようです。

ふるさと納税とは個人が任意の地方自治に2,000円以上の寄付をすること。これによって、住民税と所得税において一定の控除を受けることができます(※諸条件あり)。納税先は生まれ故郷以外でもOKで、自由に選べるのです。

なお、平成27年度税制改正大綱において、給与所得者等が寄附を行う場合に確定申告が不要となる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」(平成27年4月1日以後に行われる寄附について適用。)が盛り込まれましたが、この制度については、平成27年分確定申告からの適用となりますので、ご注意ください。

何だか小難しい話ですが、要するに今年の4月からは確定申告が不要になるケースがあるため、より手軽にふるさと納税を始められるようになりました。そもそも、ふるさと納税は節税対策にもなるので、それ相応のメリットがあるのです。

実際にはどのような特産品がもらえるのでしょうか。どの地域をどうやって選べばいいのかも含め、オススメをご紹介します!

まずは、ふるさと納税を行う地方自治体の選び方から。

■ジャンルで選ぶ

ふるさと納税の醍醐味は、その地方ならではの特典(名産品など)。例えば、「精肉・加工肉」「米・パン」「鮮魚・魚介類」「野菜・果物」「菓子」などの食べ物の他、「化粧品」「工芸品・装飾品」「イベント・体験・旅行チケット」「電化製品」など、さまざまなモノ・コトがあります。それぞれご当地名物なので、各自治体の自慢の品ばかり。自分が欲しい商品やサービスのジャンルが決まっているなら、そこから納税先の自治体を決めるのも良いでしょう。

■地域で選ぶ

自分が応援したい地域はどこなのか、もしくは自分がどの地域の特産品・工芸品が欲しいのか、地域をあらかじめ決めて選択することもできます。

はたして、どんな地域でどんな特典があるのでしょうか? ふるさと納税ポータルサイトより、ALICEY読者向けにピックアップしたオススメ特産品はコチラ!

■高知県室戸市「イルカ・トレーナー体験&ドルフィンスイムチケット」

一度にイルカのトレーナー体験とドルフィンスイムの両方を楽しむ贅沢なプログラム。あなたのサインでイルカがジャンプ!そしてウェットスーツを着て、トレーナーといっしょに海のなかへ……イルカ三昧の商品です。

イルカセラピーがあるように、イルカは癒しをもたらす生き物といわれています。愛らしいイルカと一緒に泳げば、日ごろのストレスが吹き飛びそう♪ ちなみに、15,000円以上の寄附が必要です。

■山形県南陽市「パラグライダー体験 タンデム(二人乗り空中写真撮影付)フライト」

このパラグライディングの楽しさをベテラン教員が操縦する2人乗りパラグライダーの前席で体験できます。どうぞ、ゆったり空中散歩をお楽しみください。

モノより思い出派にオススメな体験。壮大なパノラマの中、爽快感を味わえること間違いなし。この体験のほか、「山形県おきたま産はえぬき20キロ」か「山形代表ジュース15本×2セット」、「桃源郷ワイン赤白各2本(720ml)」の中で1つもらえます。なお、こちらは30,000円以上の寄附が必要。

■宮崎県東諸県郡綾町「綾ぶどう豚食べ尽くしセット」

(冷凍)ロースとんかつ用肉 100g×3枚、バラ焼肉用 550g、ももしょうが焼き用肉 550g、ももしゃぶしゃぶ用肉 550g、ウデ小間切れ用肉 600g。

ふるさとチョイス全特産品(約18,000件)の中で、お気に入り数1位に輝いたブランド豚。これは一度食べておきたい! こちらは、10,000円以上20,000円未満の寄附が必要です。

他にも定番の温泉宿宿泊券や、一日農園オーナー券など、一風変わった特典を用意している自治体も。あなたの“欲しい”が見つかったら、今年はふるさと納税に挑戦してみる?

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事