オープンにする? 秘密にする? 社内恋愛を上手に楽しむオトナのマナー

オープンにする? 秘密にする? 社内恋愛を上手に楽しむオトナのマナー

仕事も恋も大事だもん!
春は出会いと別れの季節と言うけれど、社会人になると出会いってなかなかないですよね……。そんな社会人にとって「職場」は貴重な出会いの場! 社内恋愛を経験したことがあるという人も多いのでは?
でも、社内でイチャついたり感情を表情に出したりと、振る舞い方を間違えると周りから総スカンをくらうなんて危険性も……。

「職場はあくまでも仕事をする場所です。業務に支障をきたさないよう、ケンカや嫉妬、さらには破局まで、起こりうるさまざまなパターンを想定して、自分の感情をコントロールするのが社会人としてのマナーです」と話すのは、ビジネスマナー講師の尾形圭子さん。
キャリアコンサルタントや戦略的マナー講師など、さまざまな肩書を持つ尾形さんは、「大人かわいい女性の話し方&マナー」(日本文芸社)、「イラッとされないビジネスマナー」(サンクチュアリ出版)など20冊以上の著書を出版。仕事も恋も全力で楽しむべく、尾形さんに知っておくべき社内恋愛のマナーを享受してもらいました!

■交際スタート時には、とことん話し合うべし

みんなには秘密にする、通勤は別、ケンカ後もいつも通りなど、付き合う上でのルールは最初に話し合いましょう。ルールを決めておけばお互い感情に左右されることが少なく済み、職場に恋愛感情を持ち込むことなく仕事に集中できます。相手の立場はもちろん、自分の立場を考えることが社内恋愛では必要不可欠。「好き」という気持ちだけで突っ走るのは社会人としてNG行為。

■結婚が決まるまでは徹底して隠し通すべし

オープンにすると公私混同していると思われて働きづらくなったり、周りに気を遣わせてしまったりするなど、当事者にとっても周りにとっても面倒なことに。結婚が決まるまでは隠し通すことをオススメします。隠すと決めたら、アイコンタクト禁止、デートは会社の人がよく利用するエリアを避けるなど徹底しましょう。のろけ話や恋愛相談は会社とは無関係の友人に聞いてもらいましょう。

■ケンカ別れはNG! 円満に破局すべし

別れたからといって、それを理由にすぐ会社を辞めるわけにはいきません。その後に支障が出ないようできる限り円満に別れましょう。どんなに辛くても、「これからは会社の同僚としてよろしくお願いします」と言える強さが社内恋愛には必要です。心は泣いていても顔は笑うぐらいの覚悟なしには、社内恋愛は成り立ちません。


かなり自由度は低めの社内恋愛ですが、自分でも止められないのが恋というもの……。辛いことが多くても、会社で好きな人に会えるのは幸せなことに違いありません。マナーを守って仕事と恋をきっちり両立させちゃいましょう♪

関連記事