今年のお花見を最大限に楽しむために、サクラの品種をお勉強しちゃいましょ♪

今年のお花見を最大限に楽しむために、サクラの品種をお勉強しちゃいましょ♪

あなたの好みの品種は?
サクラの季節がやってきました!  一口に「サクラ」といっても、実は色々なサクラがあるのをご存じですか?

桜というと日本では「ソメイヨシノ」が一般的ですが、野生種や園芸品種を合わせると約600品種が存在するといわれています。花弁の色や形も様々で、開花の時期もまた品種によって異なり、私たちの目を楽しませてくれます。

600種類ですって! びっくりしちゃいますね。なかでも代表的なサクラの種類をピックアップしてみました。これを見れば、今年の春はサクラをより楽しめること間違いなしですよ!

■ヤマザクラ

古典文学中に登場する「花」や「桜」は本種を指している場合が大半です。ソメイヨシノが登場する以前は最も日本人に親しまれてきたサクラで、現在でもサクラの名所として名高い吉野山のサクラは本種がほとんどを占めています。

百人一首の「もろともに あはれと思へ 山桜 花より外に 知る人もなし」の札でも有名なヤマザクラ。山の中でひっそりと咲く姿に胸キュンです。

■オオヤマザクラ

ヤマザクラ(山桜)に比べ花や葉が大きいことから名がつけられ、花色が淡紅色であることからベニヤマザクラ(紅山桜)、北海道に多いので紅山桜、蝦夷山桜とも呼ばれています。

その名の通りインパクトがありますね~。色も濃くて華やか!

■エドヒガン

非常に長命なサクラとして知られており、樹齢1000年を越すといわれる株が各地に残っています。

写真からもパワーをもらえそうな巨木ですね。岡山の「醍醐桜」や山梨の「山高神代ザクラ」も有名です。生まれてから1000年、色々なものを見てきたのでしょうね……。

■シダレザクラ

シダレザクラはエドヒガンの枝垂れ性品種で、長寿の桜として知られています。

まるでドレスのようなゴージャスなサクラ。東京の六義園の「しだれざくら」や山形の「権現堂のふりそで桜」など各地に大木が残っています。

■かんざん

全国で見られるサトザクラの代表品種関山(カンザン)は濃桃色の八重咲き品種です。 花が長い期間持つことが特徴で、長い期間楽しむことができます。

サトザクラとは、品種改良によって生まれた園芸品種の桜のこと。ふんわりとした花弁がかわいいですね。桜漬けによく使われるのもこの品種だそうですよ。

■ソメイヨシノ

ソメイヨシノは里桜の代表であり、公園や街路・河川の堤防など各所に植栽されている。葉の展開に先立って花が咲くので、花としては見応えがある。

日本で一番多く植えられていると言われているのが、このソメイヨシノ。江戸時代に「エドヒガン」と「オオシマザクラ」を掛け合わせてできた品種だそうです。ハラハラと舞う花吹雪が最高にきれい!

■カワヅザクラ

伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし毎年2月上旬から開花しはじめ約1ヶ月を経て満開になります。この桜は本州でも早咲きの種類に分類され開花の過程を楽しめ更に満開を長く維持できる特徴もあります。

春の始まりを告げるニュースで、取り上げられることの多いカワヅザクラ。川津町の田園風景とマッチしていて、ため息が出ちゃいます。

同じサクラでも、こんなに違いが出るとは、驚きですね。品種や地域ごとに花の時期が少しずつ違うので、お住まいの地域の開花情報をしっかりチェックしてくださいね♪ 今年のお花見はお気に入りの一本を見つけちゃいましょう☆

写真提供/株式会社コンシス

(田中いつき+ノオト)
関連キーワード

関連記事